アンダーズの東京タワービューに宿泊⑤朝食とチェックアウト編

この記事でアンダーズ東京の宿泊記は終了です。

今回は、朝食とチェックアウトについて書いていくよ!

前回の記事はこちら↓

さ、さっそく朝の様子から見ていきましょう!

アンダーズ東京の朝の様子

朝7時半ごろの東京タワーの様子です。

朝の東京タワー

めちゃくちゃ綺麗!!!!

ほんっとうに東京タワービューにしてよかった!!!

東京湾から朝日が昇ってくるのが見えます。

午後から雨との予報でしたが、朝はとても気持ちのいい天気でした。

最高の東京タワーを堪能したら、朝食へ向かいましょう。

アンダーズ東京の朝食

素泊まりプランで予約しましたが、地域共通クーポンが使えるとのことだったので朝食をとりました。

翌日は平日だったので、予約なしでも入れましたよ。

しかし、地域共通クーポンを利用するときは部屋付けできないので、要注意です。

フラフラとタヴァンへ行くと、目を見て満面の笑みで迎え入れてくれるのが嬉しい。

アンダーズ

席に着くと、朝食ビュッフェの説明が始まります。

  • サラダ類は自分で取りに行くスタイル(何度でもOK)
  • 和朝食と洋食から選べる
  • 洋食のメインとデザートは注文制
  • ドリンクも注文制(種類はそこそこある)

こんな感じです。

普通の朝食ビュッフェと変わらないですね。

お互い洋食だったのでメインの卵料理をメニュー表から選びます。

けっこう種類が多かったので、かなり悩みました。

ここから先は以下の順番で紹介するよ!

  1. 前菜とパン
  2. メインとデザート

ではさっそく前菜とパンから見ていきましょう。

1.前菜とパン

メインとデザートを注文したら、サラダを取りに行きましょう。

朝食ビュッフェ

緑たっぷり~!

自分で取りに行けるスペースは小さめでしたが、場所の大きさの割に種類は多かった印象です。

ただし、パンなどは置いておらず、スタッフが持ってきてくれます。

朝食のパン

左から時計回りに、クロワッサン、岩ノリのデニッシュ、何かのデニッシュです。

ちょっと岩ノリのデニッシュの印象が強すぎて、他は全然覚えていないや…

岩ノリのデニッシュはなかなか面白い味でした。

でもなんか全体的にシナシナしていたような…

2.メインとデザート

メインとデザートがほぼ同時に運ばれてきました。

後からデザート頼めばよかったと後悔。

まずは、夫の頼んだものから↓

夫の朝食

夫は、目玉焼きと洋ナシのワッフルをチョイス。

ワッフルは少しもらいましたが、普通に美味しかったです。

続いて、私が頼んだものはこちら↓

オムレツ

スペインオムレツと柿のフレンチトーストを選びました。

私の頼んだスペインオムレツ、めちゃくちゃ美味しかったです。

メニュー表のレイアウトの話になりますが、卵料理のなかでもメインというか力を入れている3品くらいは大きく書かれていて、それ以外は小さく羅列されています。

スペインオムレツは小さく羅列されている方に書かれていましたが、食べてみると具沢山でかなりボリュームがあったので、大きく書かれているもの以外でも当たりというか気合を感じられますよ。

でも、まぁ朝はそんなに食べられない&卵料理は量食べられないので残してしまったんですけどね…

個人的にヒットしたのは、柿のフレンチトーストです。

柿のジャムが好みでペロリでした。

朝食ビュッフェではフルーツや乳製品も楽しみだったんだけど、自分で取りに行くスペースにあったかな?

寝ぼけてて確認しきれなかったです。

とはいえ、かなりボリュームがあるので絶対に晩御飯を抜いて参戦すべし。

前日に虎ノ門横丁へ行ってしまったもんだから、全然食べられませんでした。

アンダーズ東京の朝さんぽで愛宕神社へ

東京タワー近くまできたら、定番の愛宕神社へお参りです。

愛宕神社は、仕事運の上がる神社として有名です。

夫は初めての愛宕神社となります。

実は私もこの鳥居から向かうのは初めて←

愛宕神社

平日の朝にも関わらず、サラリーマンが大勢お参りしていたのが印象的でした。

私服でふらふら来た私たちが浮いている状況になったのも、仕事にご利益のある神社ならではですね。

愛宕神社には、人慣れしたニャンコもいましたよ。

触っても動じないし、急に立っても全く動じないニャンコでした。

お参り後はのんびりホテルへ戻りましたが、通勤ラッシュと被っていたので大量のサラリーマンとすれ違います。

朝特有の殺伐とした通勤風景を見て、「あぁやはりここは東京なんだな」と田舎者が大都会東京を感じた瞬間でした(真顔)

アンダーズ東京でチェックアウト

悲しいかな、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

部屋に戻ってうだうだしているうちにチェックアウトの時間になってしまいました。

チェックイン時に説明された「チェックアウトをスルー」できるというのは、どんなものかドキドキします。

とはいえ、外に出るにはロビーを必ず通らなきゃいけないので、完全なるスルーはせずに一言二言交わすんだろうなと思いつつロビー階へ降ります。

エスカレーターから下りるとすでに、スタッフが待ち構えていました。

完全にほったらかしだと、どうして良いのか分からず右往左往していたと思うので良き。

スムーズに案内してもらって、無事カードキーも貰えて、さらにはお土産としてキャラメルまで貰ったのでした。

まぁ、キャラメルは森永の普通のやつですが。

アンダーズ東京宿泊の感想まとめ

↓はアンダーズ東京のカードキー。うふふ嬉しいな。

カードキー

アンダーズ東京に宿泊してみて、私自身ホテルはハードが大事派だと思っていましたが「実はソフト重視派かも?」と思うように。

海外のホテルが好きなのも色々構ってくれるからという面は大きいし(多少のトラブルはあるとはいえ)

ほったらかしのホテルよりも、声をかけてくれるホテルの方が好きだなぁと思いました。

次回は全て自分たちのお金で宿泊したいと思います♡

でも、このタイミングで宿泊できてよかった!!

というわけで、アンダーズ東京宿泊編はこれにて終了です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事