GOTOでアンダーズに東京タワービューに宿泊!チェックイン~玄関周辺

11月上旬にアンダーズに宿泊してきました。

憧れのアンダーズ!ずっと泊まってみたかったアンダーズ!

GOTOトラベルを利用して、アンダーズに宿泊してきました。

どんなに高級なホテルができても、私の中での憧れホテルはずっとアンダーズ!

今回はチェックインから公共のオブジェ?、部屋の出入り口あたりまでのレポです。

最初は私のアンダーズへの想いなので、どうでもいい人は目次で「虎ノ門のアンダーズ東京にチェックイン!」から読んでね

虎ノ門のアンダーズ東京への熱い思い

アンダーズはハイアット系列のホテルで、2014年にオープンしました。

オープンしたときから、ずっとホテラーさんの宿泊記を舐めるように見ていたくらい憧れのホテルだったんですよね。

憧れホテルすぎて、結婚式をアンダーズで挙げるために見積もりも出したくらいです。

まぁ高すぎ&出入り口が複雑で田舎の親戚はたどり着けない説濃厚だったので、諦めたんですけどね。

でも、ハイセンスな設備や親身に相談に乗ってくれるアンダーズに惚れ込んでしまったのでした。

そんなこんなで、一方的に惚れ込んでいたものの縁が無くて宿泊できずに眺めている私でしたが、GOTOトラベルでかなりお得だったので他のホテルに目もくれずに予約しちゃいました。

…と謎に惚れ込んでいたわけですが、宿泊できてよかったです。

というわけで、前置きが長くなりましたがアンダーズの宿泊記のチェックインと宿泊する部屋の玄関回りまでをレポします。

虎ノ門のアンダーズ東京にチェックイン!

ベルマンが立ち並ぶ地下の花柄絵画を楽しみながら、アンダーズに向かうエレベーターに乗り込みます。

もうさ、地下の花柄絵画も感動するし、このホテルまでのエレベーターホールも感動しちゃう。

ホテルまでのエレベーター

外資系ホテルあるあるだけど、セクシー照度すぎて鳥目には何も見えない笑。

はぁ~もうここからテンション上がるのよね。

アンダーズ東京のロビーに上陸!

アンダーズオブジェ

和モダンのアンダーズのオブジェが…♡

浮足立つテンションを抑えながら、チェックインしましょう。

アンダーズ東京で15時にチェックイン!

エレベーターから降りた瞬間にスタッフが声をかけてくれるので、チェックインカウンターがないアンダーズでも大丈夫。

アンダーズのチェックインは15時のところ20分ほど早く着いちゃったので「GOTOで混んでるだろうし待たされるかな~」と覚悟してましたが、すぐにチェックイン作業をしてくれました。

ウエルカムドリンクと共にチェックイン。

ウエルカムドリンク

既に沢山のスタッフとゲストがいたので、あんまり写真は撮れなかったです。

よく宿泊記で見るロビーの様子。

ロビーチェックイン

秋を感じさせますね~。

テーブルの上にある水は、自由に持って行っても良いものです。

でも部屋のドリンクも自由に飲めるので、1度も貰わなかったな。

アンダーズ東京のチェックインの様子

ウエルカムドリンクを飲みながらしばらく待っていると、スタッフがテキパキとチェックインしてくれます。

海外と同様にクレカをデポジットとして提出しました。

クレカを提出すると、チェックアウト作業をしなくていいらしい。

確かに、チェックアウト時にわちゃわちゃしなくて済むのでラクでした。

しかし、ハイアットから直接予約すると宿泊までGOTO適用時の金額が分からないんですよね。

でも、チェックイン時にGOTO適用時の金額を聞けなかったのでちょっとソワソワしたかな。

チェックイン作業しながら、ホテルの説明もしてくれます。

スタッフいわく、「ジムやプールなどの設備利用も人数制限されているので、行く前に利用可能か電話で聞いてください」とのことでした。

チェックイン時は柔らかい雰囲気だったので、細かいところも質問しやすかったです。

さぁさぁ、公共の場から部屋まで見ていきましょう。

虎ノ門のアンダーズ東京のテンション爆上がりスポット

アンダーズの敷地内ってふらふら歩いていても楽しいんですよね。

個人的に感動したスポットを写真に収めながら歩いていきます。

感動したスポットは3つ♡

  1. エレベーター内の様子
  2. モダンな廊下
  3. 東京タワーとオブジェ

スポット1.エレベーター内の様子

アンダーズといえば!という、象徴的なポイントが多いですよね。

実際に見て感動したのは、エレベーター内の和紙かな~!

全部で3種類かな?

1番のお気に入りは↓これ。

エレベーター和紙

ねぇ本当にすごくない?

どうやって作っているんだろう。

ライトでできる陰影も素敵よね。

次は、「めで鯛」なこの和紙。

エレベーター和紙1

鯛の顔が可愛いですよね。

ちょっとひょうきんなお顔が好きです。

最後は、こちら。

エレベーター和紙2

海の生き物たちです。

カニやタコさんもいて、見ていて楽しいですよね。

「日本」を意識しているホテルで高級感もあるけど、遊び心のあるデザインがカジュアルで好き。

スポット2.モダンな廊下

ここの廊下すごく好きです。

ピリっとした近未来も感じさせるけど、実際にこの場に立つと意外と柔らかい雰囲気でした。

アンダーズ廊下

改めて見返してみても素敵だなぁって思います。

スポット3.東京タワーとオブジェ

夜になると一気に映える場所は、ここ一択。

オブジェと東京タワー

遠目で見ると銅のような素材で木を模しているようで、近くで見てみると「葉」部分がフォークやスコップになっています。

そしてその奥には、夜景と東京タワーという組み合わせ。

いいねぇ。このオブジェの右の部屋は、結婚式の見積もりや打ち合わせをする部屋です。

その部屋も鳥かご風で素敵なんですよね。

ちなみに、このオブジェの左の部屋で東京タワーを眺めながらカクテルタイムを楽しみました。

アンダーズ東京の感想

ずっとずっと憧れだったホテルにやっと宿泊できて嬉しかったです。

しかし、GOTOで私のような普段ホテルに泊まらないカジュアルな人が多かったのは事実。

たぶん何の割引もない時期に宿泊したら不相応だったんだろうな~と思います。

そんな私でも、少し周りをキョロキョロする仕草をすれば、スタッフの方が声をかけてくれてありがたかったです。

ハイアットは、スタッフの数が多いせいか他のホテルよりも「おせっかい」をやいてくれる頻度が高い気がします。

うむ。やはり私はハイアットが好きです。

今度は自力で泊まりに来るぞ!

とはいえ、パークハイアット東京に宿泊が当面の目標です。

次の記事は、タワービューのお部屋紹介になります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事