※アフィリエイト広告を利用しています

GOTOでアンダーズに東京タワービューに宿泊③窓から見える東京タワー!

一通りお部屋の紹介を終えたので、ここからが私が1番アップしたかったところ!!!

アンダーズから見る景色!!

あまりにも美しかったので、景色のみで1本の記事にしちゃいました。

夜景フェチなら興奮するはず。

大阪マリオット都ホテルの夜景と同じくらい興奮しました。

というわけで、東京の景色をご紹介します。

前回の記事はこちら↓

アンダーズ東京のゲストルーム解説タワービューキング

アンダーズのお部屋で、ベーシックなお部屋は以下の4種類あります。

  1. ツイン・キング
  2. パークビュー (ツイン・キング)
  3. タワービュー (ツイン・キング)
  4. ベイビュー (ツイン・キング)

アンダーズの公式サイトでは、デラックスも上記の部屋と同じカテゴリーで紹介されていますが、値段が跳ね上がるので個人的には別のカテゴリーだと思っています。

パークビューは、皇居とスカイツリーを眺められるお部屋です。

ベイビューは、レインボーブリッジや横浜までを眺められるお部屋になります。

今回宿泊したのは、東京タワーを眺められるタワービューです。

せっかくアンダーズに宿泊するなら、上記で挙げた2~3の眺めを確保されたお部屋を予約すると満足度高いんじゃないかな!

アンダーズ東京のタワービューキングから見える日中の景色

お部屋に入ってまず目に入るのが、大きな窓です。

入室したときはカーテンで隠されていますが、しっかり東京タワーを眺められますよ♡

カーテンを開ける様子は、動画でどうぞ♡

タワービューのカーテンオープン

カーテンの開け閉めは、ボタン一つで可能です。

カーテンの開け閉め

スイッチ周りもオシャレですよね~。

さ、東京のタワーが見える動画です。

東京タワー大きい!

動画で気になった人もいると思いますが、ぶっちゃけ隣のビルからまる見えです…。

まだ工事中だったので、工事中の人をしっかり眺めることができました。

ちょっと隣のビルと近すぎるので、気になる人はタワービューを避けてデラックスタワービューにした方が良いかも。

目線を左へやると、レインボーブリッジも見えますよ。

↑の写真は、拡大してますけどちゃんと目視できました。

夜もすごく綺麗だったので、ベイビューの夜景も素敵だろうなと思います。

アンダーズ東京のタワービューキングからトワイライトタイム

日中の東京タワーをみたら、夜景も気になりますよね~。

完全に日が暮れたときの夜景よりも、夕暮れ時の方がなんだか物悲しくて美しく見える気がするのでトワイライトタイムの夜景が好きです。

というわけで、日が暮れる様子を写真で見て!

東京タワーの昼から夕暮れにかけて

まずは、東京タワーがライトアップされたところです。

周辺はまだ暗くなっていないので、昼間のような明るさもあります。

少し時間が経つとこんな感じ。

ちょーーーっとだけ東京タワーが目立つようになってきました。

この時間も十分綺麗ですよね。

東京タワーの夕暮れから日没まで

私の大好物のトワイライトタイムです。

すごく綺麗ですよね。

まだちょっと青空も残っていて、でも夕暮れのオレンジもあって。

さらに明かりで周辺がキラキラしているという。

ここからどれも似たような写真が続きますが、ご容赦を。

↑の写真は、窓の映り込みがあって少しぼやけていますが、紫色になっている空が好きなので捨てきれずに掲載しました。

俗に言う本気のトワイライトタイムは↓の写真かな?

だいぶ暗くなって、太陽の光ではなく電球の明かりが主になっています。

うーん。素敵。

↓の写真は日が暮れた後のものです。

完全な夜景はぼやけてしまって撮影していないのですが、本当に綺麗ですよね~。

永遠に見ていられます。

東京タワーは12時に消灯するので、部屋から消灯するところも見れますよ。

アンダーズ東京のトワイライトタイムの感想

いやぁもうね最高です。

この景色を部屋から眺められるのは本当に最高です(2回目)

次宿泊するときは、デラックスでタワービューでもいいなあと思っています。

というのも、隣のビルが近すぎ問題があるのでね。

部屋の位置的に、デラックスルームなら問題ないと考えています。

まぁでも、隣のビルが完成する前にタワービューに宿泊できて本当に良かったです。

再掲ですが、あべのハルカスの大阪マリオット都ホテルの夜景も良かったので、どうぞ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事