ハイアットリージェンシー京都 和朝食

前回の続きです。

ハイアットリージェンシー京都のバーと朝食と手土産編になります。

お部屋編はこっち↓

これで、ハイアットリージェンシー京都の宿泊日記は終わり。

宿泊した日は体調が良くなくて、ジムも行かずに部屋でゴロゴロしていたわけですが、居心地が良かったです。

気分転換にホテルステイするのって良いなぁと思いながらの滞在でした。

ハイアットリージェンシー京都では、バーと朝食を利用したのでその2つのレポです。

ディナーは調子が良くなかったのでナシ!

ハイアットリージェンシー京都で舞子さんを見る前にTouzan バーで一杯

ハイアットリージェンシー京都では、毎日本物の舞妓さんのショーがあります。

舞妓さんのショーの前にはシャンパンが振る舞われるので、飲兵衛はシャンパンを飲みながら舞妓さんを見ることができますよん。

私は、飲めないのでシャンパンには興味がない&しかしなんだか今日は飲みたい気分(笑)だったのでTouzan バーで一杯頂くことにしました。

下戸なので自分の意志でお酒を飲むことは年に2、3回くらいなんですけど、たまたま今回がそんな気分でした。

Touzan バーは、日本料理の東山の隣にあります。

エレベーターを降りてからお店のまでの間に広間のようながありますが、装飾もないし不安になっちゃった。両店舗の前にスタッフが立っているので声をかけて入店します。

この広間、舞妓さんのショーのために空けてあるんでしょうけど、会社の大広間みたいなガランとした空間がちょっと寂しい。

1.Touzan バー 舞子タイム前は一時的に混む

入店したときは先客が2組のみでガラガラでしたが、舞妓さんのショーが近づくにつれどんどん人が増えてきました。

写真はまだガラガラだったころのバー。

ほぼ全員が欧米人でしかもカップルです。

ここは日本なはずなのに、1人で飲んでいるアジア人は完全アウェイでした笑。

みなさん、舞妓さん目当てなので一杯飲んだらサクッと去っていきます。

2.モヒートを飲みに来たのに違うものを頼んでしまった

モヒート目当てだったのに、メニューを見たら目移りしてしまいました。

悩んだのは梅酒かジンベースでミントが入っているもの。

大人しくモヒートを頼めばいいのに、ジンベースのカクテルを頼んでしまいました。

口がモヒートになってるのに、そこまで甘くなくて混乱する私の口内。笑。

つまみに出されたあられが美味しくて、ずっとぼりぼり食べていました。

しかし、お客さんが来たと思ったらすぐに去っていくので落ち着かない!

舞妓さんのショーが始まったので、向かってみるとびっくり。

大広間が人で埋まっている…!こりゃソファー置く余裕もないし、会社の大広間にならざる得ないと納得しました。

見学している多くの人が欧米人でした。

ハイアットリージェンシー京都の朝食

今回のホテルステイでの一番の楽しみは、朝食です。

いやもう、朝起きたら立派な朝食があるなんて幸せすぎる…涙。料理しなくても温かい食事が出てくる有難みよ。

しかも、今回のホテルステイではあまり調子が良くなくて夕食をとっていなかったので、朝食がより楽しみになっていました。

1.朝食はビュッフェか和定食か選べる

事前にハイアットリージェンシー京都のことを調べていて判明したのですが、朝食ではビュッフェか、ホテル内にある日本料理 東山の和定食が選べるようです。

とはいえ、メインは欧風ビュッフェですね。しかも美味しいらしい…。

実はずっと胃の調子が良くないので脂っこいものは避けたいという気持ちと、自分が朝食で作るには面倒なモノが食べたいという気持ちが強いので、和定食に惹かれました。

にしても、ホテルで和朝食を頂けるなんて…幸せすぎるんですけど。

しかし、実際に朝食会場に行ってみると多くの人がビュッフェを選択しているようです。

大々的に和朝食があることを宣伝していないのかなぁ。チェックイン時の説明でも和朝食のことは言われなかったし。

席に着くとサラッと「ビュッフェと和朝食どちらになさいますか?」と聞かれました。

もちろん!和朝食で!!

2.ハイアットリージェンシー京都でおすすめは和定食

ハイアットリージェンシー京都のビュッフェも評判が良いようですが、和朝食も満足しました。

和朝食を頼んでも、ビュッフェのフルーツは食べられるようです~♪

フルーツ好きとしては嬉しい~!!

和朝食は時間がかかるとのことなので、フルーツを食べながら身体を目覚めさせましょう。

ハイアットリージェンシー京都 朝食

10分ほどかかると言われたものの、実際は5分ほどで和朝食がきました!わーい!

あーん。朝からしっかりとご飯を食べられるのって、幸せ。

ハイアットリージェンシー京都 和朝食

ご飯とお味噌汁はおかわり自由です。

「胃が悪いし、おかわりなんてできないよ~」と思いながら食べてましたが結局、ご飯をおかわりしました。

恐るべし、私の食い意地。

この和朝食で一番印象的だったのが、こちらです。

ハイアットリージェンシー京都 朝食

この半熟卵が印象的でした!

一口食べてみると、燻された香りがするーーーー!!どうやら、半熟卵に味を付けた後に燻しているようです。

最近まともに外食していないせいか、ひねった食事が出てきたことが新鮮でより美味しく感じました。

どの食材も作り置きでどうにかなるもの&実際にそうしているのでしょうが、私にとっては十分満足できるものです。

天井が高く開放的な空間で、欧米系の宿泊客を眺める和朝食は新鮮で満たされました。

3.地味にショックなこともあった

一通り食べ終わった後で「ちょっとお茶を楽しんでからデザートを…」と思ってお盆を脇にずらしたら、持っていかれてしまいました!!(デザートは和定食画像右下にある)

いや、正確にはキチンと「お下げしてよろしいでしょうか」と一声かけてもらったのですが、ボヤボヤしてて思わず「お願いします」と答えてしまったのですー!

私のばかぁ!

しかも、デザートは杏仁豆腐かミルクプリン!!杏仁豆腐死ぬほど好きなのに。

自業自得すぎて、ほんともう未だに消化しきれません。

ハイアットリージェンシー京都の朝食編 おわり

というわけで、ハイアットリージェンシー京都の朝食は満足しました♡

実は、チェックアウト前にはペストリーブティックでシグネチャースイーツである「ゆずチェッロシフォンケーキ」をお土産に購入しています。

写真を撮り忘れたので、割愛しますがサッパリとした甘さで美味しかったです。

ホールで購入したのに2日でなくなっちゃいました!

ハイアットリージェンシー京都 チェックアウト

チェックアウトでは、最近赴任したばかりという欧米系の方とお喋りしながらの清算してもらいました。

恐らく空いていたというのもありますが、日本のホテルで雑談しながらのチェックアウトは久しぶりだったので楽しかったです。

今回のホテルステイは、ホテルの方との交流が心地よかったので満足しています。

また泊まりに行きたいなー。ハイアットリージェンシー京都。

コロナが収まったら、今度は夫と行きたいな。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事