2019マレーシア・ランカウイ旅行!ホテル日航関西空港で前乗り編

10月中旬にマレーシア・ランカウイ島とクアランプールに行ってきました。

関空発なのですが、我が家からは遠すぎるため前乗りで一泊・ランカウイ島で四泊の日程です。

前乗りでは、ホテル日航関西空港を利用しました。

今回はホテル日航関西空港についてのブログです。

どのような滞在だったのでしょうか。

ホテル日航関西空港の宿泊はJALマイルで

今回の旅行の目的は中途半端に余ってしまったJALのマイルを消費することです。

残念ながら、夫婦二人がマレーシア往復出来るほどのマイルは貯まっていませんので、往路と前乗りのホテル宿泊分をマイルで賄います。

マイルをJALクーポンに両替?して、利用しました。

JALクーポンとは?

JALクーポンとは、JALグループ航空券・ツアー購入や機内販売・ホテルでのお支払いなどに使えるクーポン券のことです。

10,000マイル=JALクーポン2,000円券×6枚(12,000円相当)から、10,000マイル単位で交換できます。

ホテルでは、ホテル日航系列とオークラ系列で利用可能です。

提携している旅館でも利用できるみたい。

まぁ使い道はけっこう多そうですね。

ホテル日航関西空港 チェックイン

関空へのアクセス抜群な、ホテル日航関西空港。

空港からは駅の改札を越えたところにあるので、ホテルから空港までは15分ほど歩きます。

ホテル入り口までは多くの人で賑わっていますが、ホテルの中に入ると一気に空間が落ち着くので少し安心!

今回、ブログを書くにあたってググってみたら、トリップアドバイザーですごく評判が良いようですね。

確かに気持ちよく滞在できました。

話がずれましたが、宿泊記へ話を戻しましょう。

ホテル日航関西空港のロビー

ロビーに向かうと、すぐに声をかけられます。

というのも、ロビーでは10メートル間隔(盛りすぎかも笑)で人が配置されているのです。

駆け寄ってくれた人に宿泊の旨を伝えると、チェックインの場所まで案内されます。

すでにフロントには先客が数組いましたが、どの宿泊客も全て外国の方でした。

立地上、納得しましたが関空に前乗りしている日本人(地方民)は私たちだけなのか?と不安になったのは内緒。

あ、ホテル入り口やロビーは人が多すぎたので写真は撮ってません。

ホテル日航関西空港のチェックインと空港近くならではのもの

チェックインでは、出発の便を聞かれます。

始発の便であることを伝えると、チェックイン時に先払いして翌朝にカードを返却するように言われました。

朝6:40発の便だったので、ありがたいですね。

朝食は朝5:30からでした。

今回、一番グレードの低い部屋でツインで予約していましたが、ホテル側のご厚意でアップグレードされたようです。

その違いはまた後ほど。

空港近くならではのものとは?

スーツケースが出発時にしては重いように感じたので、スーツケースの重さを測りたくてロビーで待機している人に計測器の有無を聞いてみました。

さすが空港近くのホテルらしく、ロビーに計測器があった~!

今まで重量と無縁の旅行をしてきたから、気付いていないだけで他のホテルにも計測器ってロビーに置いてあるのかな?

今回はクアランプールからランカウイ島までの飛行機がエアアジアで予約したので、預け入れが有料になります。

そのため、預入手荷物を夫と私で1つにまとめたのですー!

しっかり計測して、重量調整できたので良かった。

ホテル日航関西空港 のお部屋

先ほども書きましたが、今回は一番グレードの低い部屋(エコノミークラス)のツインを予約。

ご厚意でプレミアムエコノミークラスにアップグレードしてもらいました。

具体的にどこらへんがアップグレードになったのかピンと来なかったのですが、調べてみると部屋自体は変化ないようです。

アメニティが良いものになり、加湿器とパジャマが付いてくるのが、プレミアムエコノミーの部屋になります。

ここからは、写真メインですー!

ホテル日航関西空港のベッドルームとクローゼット

扉を開けて、目に入ってくるのがベッドと窓です。

HP上29㎡となっていますが、前乗りで一泊するならこれで十分すぎる。

ホテル日航関西空港のベッドルームとクローゼット

部屋に入って右手はクローゼットです。

ホテル日航関西空港のベッドルームとクローゼット

開けてみると、使い捨てのスリッパと使いまわしできるスリッパが両方用意されている!

水虫を移されたくないので笑、この心遣いは嬉しい。

もちろん、持って帰ってビジホに宿泊した時に用に備えるつもり(貧乏人)

さて次は、ベッドを正面から撮影したものです。

ホテル日航関西空港のベッドルームとクローゼット

ベッドはシモンズのもので、横になった瞬間に入眠しました笑。

シモンズと私は相性が良いんです。って製品自体が良いベッドですもんね。

寝心地良かったです~!!

次はデスク周りです。

ホテル日航関西空港のベッドルームとクローゼット

経年は感じるものの、きちんと手入れされているのがわかります。

奥に引き出しが少し出ていますが(盛大な閉め忘れ)その中にパジャマがありました。

お次は隣のテレビ&冷蔵庫ですー!

ホテル日航関西空港のベッドルームとクローゼット

まぁちょっと古めかしいけど、十分です。

夕方にチェックインして早朝出発だったので、セットされていた備品たちは触れずにチェックアウトしました。

ホテル日航関西空港のソファーと景色

ソファーは1人分しか用意されていないホテルが多いですが、ここはちゃんと二席ある♪

ホテル日航関西空港のソファーと景色

ソファーが二席あるのって、地味に嬉しいんですよね。

一席だと、1人余る感じが気まずくて…笑。

窓の景色は、のぞき込めば辛うじて滑走路が見えるといった感じ。

写真に収めると、全然飛行機の様子が分からないですね笑!

ホテル日航関西空港のソファーと景色

ソファーに座りながら飛行機の離着陸が見えれば最高だったんですけど、こればっかりはしょうがない。

一応夜の様子も。

ホテル日航関西空港のソファーと景色

拡大したら荒くなっちゃった。

でも肉眼では、こんな風に見えましたよ♪

次は水回りを見ていきましょう。

ホテル日航関西空港の水回り

部屋に入る扉を開けて、左側が水回りです。

入って右手が洗面所になります。

古めかしさは否めませんが、使い勝手は良かったです。

ホテル日航関西空港の水回り

左側が、お風呂になります。

写真だと、タイルのます目が黒ずんでてカビのように見えますが、カビはありませんでした。

安心してください、生えてませんよ←

ホテル日航関西空港の水回り

バスタブの底の黒ずみも、実際に使用したときはそこまで気にならなかったです。

シャワーヘッドが新しくなっており、シャワーの出方を調節できるようになっていました。

水の出方もしっかりしていたので無問題!

ホテル日航関西空港 THALGO(タルゴ)のアメニティ

ここからはアメニティ達を見ていきます!

プレミアムエコノミークラスからこのアメニティが置かれるようです。

THALGO(タルゴ)のアメニティでした。

ホテル日航関西空港 THALGO(タルゴ)のアメニティ

タルゴジャパンというだけあって、製造も日本です。

使用感は、優しい香りで洗った感じも肌に優しかったなぁ。

髪を乾かした後は、しっとりというよりもサラサラな髪になりました♪

持って帰りたかったけど、忘れちゃったのが無念(アメニティは持ち帰って、旅の余韻を楽しむのです)

タオルは、大阪のホテルらしく泉州タオルでした。

ホテル日航関西空港 THALGO(タルゴ)のアメニティ

最近は毛足が長くてふあふあなタオルが人気ですが、極端に毛足が長いこともなく軽くて柔らかかったです。

しっかり水分を吸収していて、仕事一徹みたいなタオルでした。(伝わるかな?笑)

ホテル日航関西空港を宿泊した印象

滞在時間は本当に短くて、ただ寝に来ただけなんですが…

ただ寝るだけにしては立派なホテルに泊まったなぁという、貧相な感想しか出てこない…

泊まるのに必要なものは全て揃っていて、経年劣化は所々に感じるものの、総じて清潔で気持ちよく過ごせました。

せっかくプライベートで外泊しているのに、自宅よりも汚い部屋に泊まるのが苦手な私ですが、そこまで気にならなかったです。

ホテル日航関西空港の朝食ビュッフェ

朝5:30からの朝食ビュッフェもしっかり楽しんできました。

しかし急いでいたのと、それなりに人が多かったので写真はなし。

でも、個人的に重要視しているポイントを抑えていたのでかなり好感度高かったです。

  1. フレッシュジュースが置いてあるか
  2. 野菜が多い品が多いか

上記の二点を抑えているホテルは、食べているときにニヤニヤしちゃう。

ホテル日航関西空港は、フレッシュジュースは置いていなかったです。

しかし、こだわりのお取り寄せジュースが数種類置いてあったので、美味しくいただきました。

朝食の総菜は和食もそれなりに多かったです。

ちゃんと野菜が多く入っている総菜も多くて、満足しました。

次回もホテル日航関西空港を利用するかも?

ただ寝るだけでしたが、十分な設備としっかりした朝食で満足しています。

おそらく関空で前乗りが必要な時には、再度ホテル日航関西空港を利用すると思います。

空港まで歩いて15分で着けるのは、想像以上に便利でした。

まぁでも前乗りでお金を使うのも、どうなんだろう?という感じなんですけども。

次は往路の飛行機編です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事