アレルギー性結膜炎で白目がグニョった話|30超えると身体がより弱く

最近、わたしの身体ネタが続きますが、まぁ今回も不健康な身体ネタです~。

元々虚弱でしょっちゅう寝込んだり、ビックリするような症状になったりすることが多かった私。

これまでは「この話は〇〇できなかった言い訳?」とマイナスに思われたくなくて人に言えなかったのもあり、ブログで「聞いてよ~!!!!!」と言えるのが嬉しい。

今回はわりとよくある話らしいのですが、初体験だったのでブログにしたためます。

アレルギー性結膜炎になった!つらい!!!

とある日の夕方、目をかいたことがキッカケでアレルギー性結膜炎になりました。

まぁ目が痒くなるのは、珍しいことではないので普段から目をゴシゴシしてるんですけどね。

目がかゆくなってから、アレルギー性結膜炎との診断を受けるまでの経緯を書いていきます。

猛烈な痒みに襲われるアレルギー性結膜炎

ちょっと目がかゆくなったので、いつものように目をゴシゴシかいたことがコトの発端です。

「…!!」

ゴシゴシした瞬間に、目が痒くなった!!!!

デスクワークしていたものの、もう目をかくことしか意識が向きません。。

眼球を傷つけないようにゴシゴシしていたものの、痒すぎてどうにもならない…!

しばらくゴシゴシしても埒があかないので、目を洗い流す作戦に。

このときに鏡で確認してみると、白目が充血していた程度でした。

目をしっかり洗い流しても痒い~~

痛い!痒い!白目がデコボコに!アレルギー性結膜炎

目を洗った後も、つい目をゴシゴシしてしまいます。

しかし、だんだん「痒い」から「痛痒い」になってきました。

眼球を傷つけちゃったかな~?と思いつつも、鏡を見ずに作業続行していたところ我慢できない痛みに!

慌てて鏡を見てみると、

 

充血した白目がグチャグチャになってる…!!!!!

 

己の目を見た瞬間、卒倒しかけました。

 

白目の状況を例えるなら、ゼリーをかき混ぜたときのグチャグチャな感じ。

 

グロすぎて声が出ませんでしたし「これ失明しない?大丈夫?」と心臓バクバクしました。

思わず夫に電話したくなる衝動を抑えて、目を冷やします。

アレルギー性結膜炎のまま一晩を過ごす

既に夕方だったので、病院へ駆け込みできる時間帯ではありません。

痛いし痒いし目を開けてられない状態だったので、ウインクしながら家事をするという謎。

結局、夫が帰ってきたときには白目のデコボコも多少治まっていたので、心配してくれやしない!←

とはいえ、まだ白目が腫れていたので翌日病院へ行くことに。

目を開けると痛いので、ガーゼを当てて目を強制的に閉じさせる形で夜を過ごしました。

朝、起きてみるとガーゼに茶色いシミがついていて萎えたのを思い出します。

結局一晩経ったら、白目の腫れもだいぶ引いて「病院行くほどではないかも?」という気持ちに。

とはいえ、目を開けると痛くてどうしよもないので、眼科へ行ったんですけどね。

病院へ行った結果アレルギー性結膜炎の診断

診察の結果、炎症を抑える目薬とアレルギーを抑える目薬出しときますね~で終了しました。

あっけない~。

白目が腫れるのは珍しいことではないみたい!

さっそくもらった目薬を点眼すると、世界がクリアーになって死ぬほど感動しました。

ずっとモヤがかかっていたのが、一気に晴れた感じです。

目薬最高~。

白目の腫れは3日ほどで引きました。

目薬さして暫くすれば全然痒くないし、痛みも少しずつ引いていきます。

アレルギー性結膜炎になってから10日ほどですが、まばたきを忘れると痛みを少し感じる程度にまで落ち着きました。

もう、点眼はしていません。

(点眼の止め時を聞くのを忘れた…)

白目の濁りはまだ残ってますが、これはもう治らないかな…と諦め気味です。

アレルギー性結膜炎の原因|私の場合は「汚い手」

原因はおぼろげながら「あれかな~」というのは、あります。

掃除機をかけて仕上げにクイックルワイパーをしたあとに、たぶん目を触ったのよ。。

手を洗う前に!

ちょーーーーっと、ほんとにちょーーーーーーと!目を触っちゃったわけ!!!!!

で、そこから地獄の様相を呈してきたわけです。

いや、ほんと自分が悪いのはわかってるし、汚い手で顔を触ったらそりゃそうなるし、衛生観念どうなってんねんって話なのも重々承知なんですけどね。

でもさ、そんな痒くなる!?!?!?!?!

まったく自分の行動も自分の身体の敏感さも情けないよ!

アレルギー性結膜炎になる人の身体状況

アレルギー性結膜炎になる人の身体状況

アレルギー性結膜炎自体は、そこまで珍しいものではないようです。

花粉症の症状のひとつでもありますからね。

アレルギー体質の人は、アレルギー性結膜炎になりやすいというわけです。

学校の大掃除とかすると目が痒くなるタイプではありましたが、まさか大人になってからこんなことになるとは。

アレルギー体質のミドサーがアレルギー性結膜炎になるまで

元々、アレルギー体質で大豆アレルギーやら花粉やらを持っていました。

20代後半のときにアトピー性皮膚炎が再発したんですけど、その時期に謎の発熱やら下痢やら絶不調で。

アレルギー検査をしたとこと、食物のほとんど(!)とカビとホコリにアレルギーが出てしまいました。

食物がほぼ全部ダメとか面白いよね~ゴマとかもすごい数値叩き出して笑った。

食べられるのは白米と芋くらい。

戦前かよ。

もちろん大好物の果物もダメ~~~~

あれから5年、ゆっくりさせてもらった結果体調も良くなり、食物は完全に好きなものを食べています。

一部食品は今も食べすぎると症状は出るけどね。

アトピーは一部、皮膚の薄いところが未だに痒くなる程度で、肌も綺麗になりました。

死ぬほどだらけさせてもらって…本当にありがたいよ、夫よ。

私のアレルギー遍歴はこんな感じなので、家の掃除はそれなりにやっていたつもりです。

しかしながら、アレルギー結膜炎になってしまったので、汚い手で顔を触るのは控えましょう←

死ぬほど痛くなるのでアレルギー性結膜炎に気を付けろ!

ほんっとに目が痛いと何もできないので、生ける屍と化します。

頭痛や腹痛は「のたうち回る」なら、目は「耐え忍ぶ」に近い。

しかし、白目がブヨブヨに腫れるのは自分で見てショッキングだったので、もう二度と目をかかない!!(無理)と誓いましたね。

なんだか20代後半に身体を壊してから、ビックリするような症状に見舞われることが多くなりました。

若い時は、「太く短く生きるのならそれもアリ!」や「老いても生に執着したくない!」だなんて思っていましたが、実際のところポックリ逝くのは稀で、じわじわと弱っていくものなんだなぁと実感しています。

じわじわ弱るなら、そりゃ健康に留意してウォーキングやストレッチしますよねぇ。。

目を失うのは怖いので、今後もマメに掃除もするし今度からは汚い手で顔を触らないようにします。

はーぁ、健康になりたいぜぇ。。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事