リーガロイヤルホテル京都

7月ですが、リーガロイヤル京都に宿泊してきました。

リーガロイヤルの名前は聞いたことがありましたが、宿泊は初めてです。

しかも宿泊料金が高い京都でリーガロイヤルに泊まれる日が来るとは…!

7月上旬の話なので、今の状況は分からないので各自自分で運営状況を調べてね。

今回はジムやプールは使えなかったので、部屋のレポを中心に書いていきます。

リーガロイヤル京都の部屋が爆安!

コロナの影響で京都は壊滅状態という噂を聞いていましたが…想像以上でした。

ハイアットリージェンシー京都に至っては、休館しましたしね。

京都駅から徒歩7分という最高の立地にあるリーガロイヤル京都ですが、7月時点で宿泊費は普段の半額くらいになっていたのでは?

少なくとも私たちが宿泊したお部屋は、半額以下でした。

8月は多少価格も戻ってきてるのかな…。

リーガロイヤルホテル京都について

リーガロイヤル京都は、2019年11月に開業50周年を迎えた歴史のあるホテルです。

客室数が489室あるので、大型ホテルになりますね。

開業50周年イヤーとなる記念すべき1年になるはずでしたが、まぁこの騒ぎです。

2016年に大規模改修を終えて、「これから改修費用を回収していくぞ!」という矢先にね。。

外観は昔の外壁を利用しているので古めかしい印象ですが、内装は今どきの京モダンです。

中と外のギャップにビックリしました。

レギュラーフロア ラグジュアリーツインに宿泊

私たちは、レギュラーフロアのラグジュアリーツインのお部屋に宿泊しました。

リーガロイヤル京都の部屋の分布はこんな感じ↓

リーガロイヤル京都 フロアマップ

低層階にあるお部屋です。

レギュラーフロアには、ツイン・ダブル・スイート・ファミリー・エアウィーブルームの5つの部屋タイプに分かれています。

私たちは、ツインを選択しました。

ツインの中にも4つのグレードがあります。

ツイン 表

この中で、ラグジュアリーツインを選びました。

一泊二日朝食付きで、22,400円で予約。

休前日だったのでこの表よりも普段は高いはずなのですが、コロナの影響ですね…

ここまで安いとちょっと複雑。

まぁでもプールもジムも空いてなかったし、ルームサービスも頼みづらい時間帯に終了してしまいます(7月の話)

ホテルで楽しむという観点から見ると、ちょっと辛いものがあったかな。

リーガロイヤル京都の外観とロビー

京都駅を伊勢丹方面に抜けて、京都水族館に向かって歩いていくとリーガロイヤル京都にたどり着きます。

雨の日だと、京都駅からのシャトルバスを使った方が良いですが、晴れてれば歩いた方が早い気がします。たぶん。

さっそく外観&ロビーの様子をば。

リーガロイヤル京都 外観&エントランス

私たちは歩いてホテルに向かいました。

特に京都らしい景色はありませんが、個人的に歩いても苦にならなかったです。

リーガロイヤルホテル京都の外観が見えてきました。

リーガロイヤル京都外観

くすんだ緑のタイルは、残したままエントランスから内装まで大規模改修したそうです。

この色の外観は独特ですよね。

エントランスに近づくと、真新しいのが分かります。提灯が旅館を連想させますね。

リーガロイヤル京都 エントランス

提灯にも竹林が描かれているように、リーガロイヤル京都の内装イメージは竹林だそう。

この直線的なエントランスも竹林をイメージしたのかな。

玄関口には、50周年記念の看板。

リーガロイヤル京都 エントランス50周年

 

館内に入るには、機械で1人ずつ体温を測ってから入館します。

その場に立つとすぐに体温が表示されるので、苦になりません。ほんの一手間増えたという感じかな。

私がチェックイン・チェックアウトしたときは、ドアマンはいませんでした。普段からいないのかは謎。

リーガロイヤル京都 外観&エントランス

入館してチェックインの手続きをします。

フロントは、クリアボードで区切られていました。

そしてロビーに人がいない。写真で見ればわかるけど、休前日なのに人がいない。

リーガロイヤル京都 ロビー

がらん。

ちょっと寂しいですね。今は客足戻ってきてるのかなー。

夫がチェックインしている間は、私は横のソファでのんびり。

ソファにもソーシャルディスタンスで「ここは座らないで」という表示がありました。

ロビーのソファから、エレベーターに方向を見るとリーガロイヤル京都の歴史が分かるボードがあります。

リーガロイヤル京都 エレベーター横

軽く見ましたが、結構おもしろかったですよ。

ちなみに、このロビーの天井のアルミの直線は、竹林をイメージしているそうです。

壁のライティングデザインも竹林をイメージしてるのかしら。

リーガロイヤル京都の部屋までの内装についてアレコレ

写真は撮っていないのですが、リーガロイヤル京都のエレベーターが個人的にツボでした♡

超レトロ。

一番最初に見た時は、行き先ボタンを押すのに躊躇するデザイン笑。

おそらく、エレベーターのパネル部分は開業時からずっと変わっていないのでしょうね。

京モダンな内装デザインなのに突然レトロなエレベーターデザインなので、ビックリしますが、まぁ個人的には好きです。

写真はないんですけどね。

廊下と部屋番号デザインは写真撮ったので見てね。

リーガロイヤル京都 廊下

廊下はこんな感じです。

普通に撮影したら、暗かったので加工して明るくしてあります。

廊下

内装のデザインが竹林をイメージしているだけあって、床のカーペットも竹林デザイン。

築年数が経っている物件て、天井が低い印象がありますよね。

確かに他の外資系ホテルに比べたら天井は高くはなかったです。

低くもなかったけど。

写真だと圧迫感を感じますが、実際に歩いてみるとそこまで圧迫感は感じませんでした。

リーガロイヤル京都 部屋番号デザイン

部屋番号のデザインが凝っていると、嬉しくなるのは私だけ?

リーガロイヤル京都の部屋番号のデザインは凝っていましたよぉ。

↓は他の部屋のデザインです。

他の部屋シグネチャー

シンプルな数字の上に紅葉が!

私たちが宿泊する部屋はどんなデザインなのでしょう。

ででん。

部屋シグネチャー

蓮でした。

部屋ごとにデザインが違うので、廊下を歩いているだけで面白いです。

今日はここまで。

次はラグジュアリーツインの部屋です~。

朝食編はこちら。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事