羽田行き便が欠航!翌日の羽田便に乗ることに

海外旅行に行くと、必然的に飛行機に乗ることになりますよね(優雅な船の旅は置いておいて)

長時間でのちょっとしたイベントが機内食でしょうか。

個人的に、機内食は苦手で苦痛な時間帯だったのですが、特別機内食に挑戦してみました。

飛行機酔いしがちな人間にはとても助かった!

少し感動したのでブログに記します。

本来は宗教やアレルギー体質向けの特別機内食

特別機内食とは、赤ちゃんや小さい子、アレルギーや、宗教で普通の食事が取れない人向けのミールサービスなようです。

しかしJALのホームページを見てみると、様々な種類の特別機内食メニューがあることがわかります。

ベジタリアンメニューだけでも3種類、健康に気を配っている人向けのメニューは9種類も。

宗教ミールは5種類ほどです。

もちろん、アレルギー対応メニューもしっかり3種類ありますよ!

健康に気を配っている人向けのミールとは

健康に気を配っている人向けのミールって何?って感じですよねー。

ホームページを見てみると、病気で食べるものが制限されている人から美容のために食事を変えている人まで、幅広い層に対応しているミールという印象を受けました。

特別機内食は、病気の人でなくても好みに合わせて、特別機内食をリクエストできるようです。

以下は、JALのミール内容です。

  1. 消化の良い食事
  2. 低塩分ミール
  3. 糖尿病ミール
  4. 低カロリーミール
  5. 低グルテンミール
  6. 低脂肪ミール
  7. シーフードミール
  8. フルーツミール
  9. 低乳糖ミール

これだけ網羅してくれれば、ストイックに食事制限している人でも満足できそうですね。

特別機内食をリクエストしてみる

私は胃腸が弱くて服薬しているので、消化の良い食事メニューかフルーツミールかで悩みました。

でもワガママなもので、胃腸が弱いからと言って病院食みたいな食事は摂取したくありません(最低)

フルーツミールをリクエストします。

JALはネットで出発の25時間前までの申し込みを受け付けています。

JALの機内サービスのページで搭乗予定の機内食が分かります

私は飛行機の予約をとったら、ホームページなんか確認せずに当日を迎えるタイプです。

がしかし。

搭乗予定の機内食のメニューがホームページで確認することが出来るのね。。

成田-クアランプール間の機内食は、気合が入ったものでした。

「RED U-35」という、若手料理人の大会で好成績を収めた人が監修した機内食のようです。

フルーツミールは女性・子供に人気らしい

ちょこっと調べてみると、意外と特別機内食でフルーツミールをリクエストする人は少なくないようです。

機内ではほぼ座りっぱなしで動かないので、ボリュームのある普通の機内食よりもフルーツミールの方が好きという人も見かけました。

あと、出発の時間帯によってはフルーツミールに変更するという方も。

特別機内食と「RED U-35」の機内食を実食

搭乗したタイミングで名前と特別機内食の内容を確認されます。

CAさん全員が把握できるように、私の座席にシールをペタり。

CAさんのお仕事を増やしてしまっている感がすごくて…ちょっと申し訳ない笑。

フルーツミールの中身

特別機内食は普通の機内食よりもだいぶ早めにサーブされます。

フルーツミールの中身

お、バナナに黒い斑点がないのが嬉しい。

人の好みによりますが、私は熟してヤワヤワなバナナが苦手なので。

パッと見は、器の空白が多くて量が少ないように見えますが、ボリュームはあります。

私は結局バナナを残してしまいました(こだわりを語った割に食べられなかった)

甘みと酸味のバランスは、日本人向けだったかな。

甘すぎず、酸っぱすぎず。

とはいえ軽く飛行機酔いな状況なので、正直味は分かってないのです。。

普通、機内食の後はお菓子?としてパンが配られますが、フルーツミールを頼んだ人はバナナが配られました。

このタイミングやっと!バナナを食することができました。

美味しかったです笑。

「RED U-35」料理人監修機内食の中身

夫が食べた機内食は、普通に提供されていた機内食です。

「RED U-35」料理人監修機内食の中身

見た目からして、普段提供されている機内食よりも気合が入っているのがわかります。

パンフレットも一緒に配られていました。

「RED U-35」料理人監修機内食の中身

夫は、若鳥とキノコのフリカッセを選んだようです。

ちょこっと一口貰いましたが、美味しい!

「これは、普通の機内食でもよかったかも~」なんて一瞬思いましたが笑、私はフルーツミール様様ですからね。

夫は、ガツガツ食べて見事完食です。

まさかの食後のハーゲンダッツも普段見かけないフレーバーで、ちょっと羨ましいと思ったのは内緒。

復路はリクエストし忘れて普通の機内食

当初、往路のフルーツミールを食してから復路のミールメニューを決めようと考えていました。

しかし、案の定といいましょうか。遊びで忙しくて機内食のことなんて頭から吹っ飛んでしまって。。

復路は普通の機内食を食べることに。

しかも、往路で食べたような気合が入った機内食ではなく、本当に普段食べているような機内食でした。

寝起きの食事こそフルーツミール

深夜便で出発したので、提供される機内食は朝食という位置付けです。

しかし小刻みに揺れる機体での寝起きこそ、食欲が…この時は、フルーツミールをリクエストしなかったことを非常に後悔しました。

胃がムカムカしているタイミングで、チーズたっぷりのオムレツはキツい。

結局何も食べれないまま、機内食タイムは終わりました。

普段であれば、何も感じることなく機内食タイムを終えます。

しかし「フルーツミールをリクエスト」という代替案を知っているのにも関わらず、手を打たなかった自分に腹が立って眠れませんでした笑。

次からは、夜便は絶対にフルーツミールをリクエストします!

胃が弱い人や乗り物酔いしやすい人はフルーツミールがおすすめ

CAさんの手を煩わせてしまう特別機内食ですが、やはり機内で絶食するのとフルーツミールを食べるのでは体力の消耗具合は違う気がします。

フルーツミールでも十分お腹いっぱいになりますし、動かないので腹持ちも良い!

普段提供されている機内食を食べると、身体が重いと感じる人にもおすすめです。

飛行機酔いって程ではないけど、なんとなく胃がムカムカする人はフルーツミールを食べるとスッキリしますよ。

これで一つ、快適な飛行機旅の技を覚えました。

今後、私は往路も復路もフルーツミールをリクエストすると思います♡

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事