【グルメ】インターコンチネンタル大阪 stressedのケーキ

自宅でもホテルの余韻を楽しみたい

私たち夫婦はホテルを普段使いできる訳でもないので、ホテルに用があるとついパティスリーでお土産を買ってしまいます。
自宅でも、ホテルで過ごしたひと時を再度味わいたいんですよね~。その時過ごしたホテルの思い出話とともに。
思い出話と共に食べるケーキやパンは美味しくて、街のケーキ屋さんより贔屓目で評価しがちです笑。

ケーキのショーケースに案内される

先日のブログでも書いた通り、有難いことにケーキのショーケースまで案内されたので、パンも置いてありましたが何が置いてあったのかは分かりません。
次回遊びに行ったときに改めて見てみようと思います。
店内で飲食可能なカフェスタイルになっていますが、私たちのほかにもケーキを持ち帰りで注文する人がそれなりにいました。

ケーキの大きさ 焼き菓子の種類

ショーケース内にあるケーキは一切れが大きめ。

cm ケーキ cm Cake
お客様のお好みや用途に合わせ、センチ単位でご購入いただけるロングケーキ。
4 種のケーキは全てスポンジケーキとホイップクリームをベースとし、季節の果物をトッピング。
4 センチから 2 センチ毎にご購入いただけます。
“AMAOU” Brand Strawberry Shortcake ¥920~
あまおういちごのショートケーキ Cake Set +¥200
“NYOHOU” Brand Strawberry Shortcake ¥820~
女峰いちごのショートケーキ Cake Set +¥100
Dekopon Shortcake ¥720~
デコポンのショートケーキ
Yuzu and Chocolate Shortcake ¥720~
柚子とチョコレートのショートケーキ

この中から、女峰いちごのショートケーキとデコポンのショートケーキを選択しました。
サイトで確認すると大きさを選べるみたいですね。私たちが注文した時にはすでに4センチごとにカット済だったような??

焼き菓子は、クッキーとパウンドケーキがありました。パウンドケーキは程よいボリュームでおつかいものにも良さそうです♪
シュークリームや、チョコ、そして醤油プリンなんてものもありましたよ。
バーで食したフィナンシェはなかったなぁ。ここのカフェでも紅茶やコーヒーを頼むとフィナンシェが出てくるみたいです。

お腹いっぱいなため翌朝持越し

スイーツ好きにはあるまじき愚行ではありますが、帰路に就いた時には夜遅いしお腹いっぱいだったんですもの。泣く泣く翌朝に持ち越しです。
ケーキ類は時間が経つと味も食感も変わるので非常にざんねん。

気を取り直してケーキの全貌をば

上のデコレーションされたところと断面を一緒に写すのに一苦労!

やはりナパージュでコーティングされていても染みてきてるし、しなびてきてる。。うぅ。

とはいえ、やはり美しい!!

実食!

二つとも上のスポンジはフワフワ。下のスポンジは結構固めでした。焼き色の違いわかるかな?
どちらも時間が経っているということを忘れさせてくれるくらいフルーツを美味しく食べることが出来ました。これにはビックリです。
主に私はイチゴの方を食しましたがムース部分はかなり甘さ控えめで、あくまでも主役は生のイチゴといった感じ。
ケーキ自体、高さもあり結構なボリュームでしたが食感も軽く、甘さ控えめなのでペロリといけちゃいます。

これは再度出来立てのケーキを食べに行かねば!

気持ちよく余韻を楽しめました♪

ケーキのお値段はそれなりですが、ボリュームなども考慮すると妥当かなぁと。東京の人気店だと小さいサイズで600円超えてくるので。。
週末の梅田はお茶難民になりがちなのでここは結構穴場かもしれない…!
グランフロントのキルフェボンは未だに長蛇の列だし!!

良いところを見つけました。
ここも混んでいたら20Fのラウンジに行けばいいしね。
ごちそうさまでした♡

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事