2018~2019香港旅コートヤードバイマリオット香港沙田 お部屋編

ホテルの行き方、朝食会場についてはこちら

今回は、お部屋の編です♡

マリオット香港沙田 高層階のリクエストが叶った!

予約時にリクエストとして高層階希望とパジャマの有無を聞きましたが、パジャマはなくバスローブとのことでした。

そして高層階リクエストはしっかり通っていましたよ♪

チェックイン時にバスローブを手渡しで頂きましたがなんと!ネーム入り。
マリオット香港沙田 高層階のリクエストが叶った!
でも今回はぎりぎりの手荷物だから持って帰れないなぁ。
そして肝心の部屋は最上階の29階でした。

廊下は和?エキゾチック?

廊下の絵には鯉が泳いでいます。

基本がオークの明るい材木にグリーンの色合わせなので、館内が全体的に柔らかい雰囲気です。
廊下は和?エキゾチック?

部屋の出入り口の照明が可愛い。

エレベーターホールの壁側もこんな感じの装飾がほどこされていました。
当時はエスニックっぽいなーと思ったけど、写真で改めて見ると「和」ですね。
廊下は和?エキゾチック?

見れば見るほど「和」ですね。

マリオット香港沙田 部屋の中

部屋に入ると、目の前に夜景がバーーンと広がる予感!!

ドキドキ!
マリオット香港沙田 部屋の中

街中でなくても十分な光量で高層階にして良かったなと思いました。

さぁどーーーん!!!

マリオット香港沙田 部屋の中

写真に収め忘れましたがテレビ台側の壁にデスクからクローゼットまでの腰掛けられる程度の高さの棚があり、それが荷物置きとしてかなり使えました!
一時的な荷物置きスペースがここまであるとかなり嬉しい!
もちろんクローゼットスペースも十分!

水回り

ドアを開けてすぐ左に鏡張りの引き戸が。それを開けると水回りゾーン。

水回りはコンパクトにまとまっています。
水回り
左のガラスがシャワールーム。ちょうど一人が浴びる分だけのスペース。足を洗うにはちょっときつい。

シャワールームに入ってみると

水回り

NIRVAE というものでした。ベルガモット?の香りで髪もサラサラになりました。香りは気に入ったけど持って帰るほどには至らず。

 

アメニティボックスを開いてみると…

アメニティ

必要なものは全部揃っています。櫛はかなりペラペラで貧弱だったのでロングヘアやくせ毛の方は持参した方が良いかも。

 

ちなみに部屋側から水回りの方を見てみると…
水回り
スケスケ!
夫に鼻くそをとっているところをばっちり見られていたのでレディは注意!!

ベッドまわり

ベッドは柔らかめ。左右のリーディングライトを各々調節できるのは使いやすかった!

ベッド周り

 

窓際から見たベッドと鯉。部屋で鯉が泳ぐのは風流なのか?

ベッド周り

改めて見てみると、カジュアルで過ごしやすい空間です(鯉は除く)

デスク&カウチ

いつもホテルに泊まっても使わない、使いようがないようなデスクが多かったのですが、今回のデスクは大きくてコンセント類も充実していました。

気が付けば、デスク周りで雑談する時間が多かったような気がします。
デスク&カウチ
ここのホテルでは、インテリアで差し色的にグリーンが使われています。多くのグリーンが淡い色合いで目に優しいのですが、突然目が覚めるようなグリーンの小物がチラホラ置かれています。笑。

ドリンクバーもこのグリーンで圧倒的な存在感を放っていました笑
デスク&カウチ
…主張強めですよね笑。

カウチもありましたよ。
デスク&カウチ

普段はこんなカウチがあればずっとそこに座ってますが、今回は窓際に座布団が敷いてあったので、窓際に座っていることの方が多かったです。

シンプルだけど使いやすい部屋でした

全体的に柔らかい雰囲気の内装でシルバーの直線が所々入っていてキリっと安っぽく見せないような努力を感じました。

とは言え、目が覚めるような絵具グリーンがあったり水回りには鯉が泳いでいたり…シュールなところも多々あり笑。

ビジネスユースを想定しているホテルだと思いますが、寝るだけの観光ステイにも全然使えます。

ただ、ホテルマンはゆるーいけどそこはご愛敬。海外ホテルあるあるですからね。

がしかし。明らかにスタッフの制服のサイズが合っていないくて「子供が制服着ちゃいました!」となっているのは、さすがに可哀そうというか微笑ましいというか、みっともないというか笑。

総評

変に香港の街ど真ん中で狭くて高いホテルを使うなら、安くて広い沙田のホテルを使うのが個人的におススメ。
お財布に余裕があるならハイアットかな。

本気でお財布に余裕があるならば香港のリッツに泊まってみたい!世界一高いプールで泳ぎたいぞ♡

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事