水着初心者のオトナ女子へ!水着マニアが最低限の着用マナーを語る

そろそろ暖かくなり、ゴールデンウイークも近づいてきて水着にワクワクする季節がやってきましたね♡

今年は水着買おうかな~どうしようかな~って悩み始める時期かもしれません♪

久しく水着を着用していない人向けに、水着を着る上で基本的なことを書いてみました。

身に纏う衣類も軽くなって、気持ちは夏へ!水着へと走り出してしまいそう!

夏服よりも水着の方が多い私が気を付けていること♡

水着は普段着れないような色・柄も躊躇なく着れるので大好きです。
でも海やプールにきたら寝るだけでなく、がっつりシュノーケルやスライダーで遊ぶので、デザインも大事だけどホールド力も大事。
私なりに気を付けている安心安全な着用方法をお伝えします。

完全な自己満ですが、ワタクシねね子の『好き』な世界を覗いてみてください。

ここ日本でも随分こなれた水着は出てきましたが、海外ブランドのものはやっぱり可愛いですね。

プチプラ水着&海外ブランドの水着の注意点!

プチプラ水着&海外ブランドに限らず、水着全般に言えることであり割とポピュラーな注意点ですが…
原点にして頂点レベルで大事なことだと思うのでお付き合いください。

気を付けるべき注意点は3つです。

  1. 絶対にインナーショーツは身に着けて!
  2. 海外の水着は迷ったら小さめ!
  3. ヌーブラはあると便利
  4. タグを切る

詳しく解説していきまーす!

絶対にインナーショーツは身に着けて!

たまにインナーショーツを履かずに遊んでいる方がいますが…プチプラ&海外ブランドのものは布地が薄いことが多いです。

特に以下の点に気を付けて!!

  • 特に清楚系の子が好む、白の水着。インナーショーツを履かずに水に浸かると…桃ちゃんが透けてます。。生々しくて思わず目をそむけてしまうほどなので絶対にインナーショーツは履きましょう。
    とはいえ、インナーショーツが丸見えなのも恥ずかしいので、淡い色や白の水着を着たいなら、ちゃんとしたところの方がいいです。
    ロキシーは個人的におすすめ。アラサーだと中高生に流行ったイメージがありますが笑、生地もしっかりしているしノンワイヤーでもちゃんとホールドしてくれるので1セットしか水着が買えないなら、私はロキシー一択です。
    ROXY(ロキシー)
  • 波が高いときの海は海中で砂が舞っています。結構水着の中まで砂が入り込むので衛生面でもインナーショーツは必要です。
  • プールのスライダーで遊んだ時に摩擦で破けることもあるらしいです。これは都市伝説レベルのハナシではありますが、納得してしまうほど薄い水着もあります。

海外の水着は迷ったら小さめ!

海外のものは日本で売られている水着のサイズとは根本的に違います。

根本的に日本人とは骨格が違うので、基本的に海外のものは大き目のサイズ展開です。

S/M/Lというサイズ表記の場合は特に注意してくださいね。

海外のブランドのものを買うときはサイズをきちんと把握してから購入が鉄則です!出来れば試着してから買うのが安心。

個人輸入などする場合でサイズに迷ったときは、小さいサイズを購入しましょうね。
水着は水に浸かると多少伸びます!!

ハワイでvictoria's secretの水着を着用していた子がいましたが、水に浸かる前からブッカブカで心もとなかったのです。。

浸かったら案の定、脱げそうになるのを必死で抑えていて水遊びどころではなかったのが印象的でした…

海外の水着に限らず、基本的な水着の選び方として「サイズに迷ったら小さめ」をセレクトしてください。

多少、胸やお尻がはみ出ていても堂々としていればセクシーです。

脱げるよりも100万倍マシ。

ヌーブラはあると便利

海外水着に挑戦するなら、ヌーブラはあると便利ですよ。

私は基本的に日本には無いような柄・デザインが好きなので海外ブランドから購入することが多いです。

海外ブランドの水着は基本的にパッドは入ってないか、入っていても気持ち程度のものなので、早めに購入して自分で体に合ったパッドかヌーブラを用意しましょう。

パッドの特徴

メリット

  • 水着の中に入れ込むので水着から出てくる心配なし
  • モノによっては胸の形を自分好みに補正できる

 

デメリット

  • 水から上がった時にパッドが水を含んで重い!
  • ↑になると重みで水着がずれるのでどこかのタイミングで絞りたくなる!笑
  • 水着のデザインと売っているパッドが合わない時もある

 

ヌーブラの特徴

メリット

  • パッドよりも安定して盛れる
  • 寄せるので脇がスッキリして見える
  • 水着が身体に合っていなくても隠れているので一応安心

 

デメリット

  • がっつり水に浸かったり動くと剥がれるんじゃないかと不安になる
  • 谷間があいているデザインは縦付け出来ますが、布の面積が小さいと合わない時も
  • 安物は汗をかくと剥がれやすい

 

一概にどっちがいいとは言えないので、自分が着用するシチュエーションによって変えてみてください。
ビーチバレーしたりシュノーケルしたりガンガン動く日はパッド、水辺で遊んだり浮き輪に乗ったりする程度ならヌーブラかな。

 肌に直接付けるブラは全部ひっくるめて「ヌーブラ」って言いがちですが「ヌーブラ」は固有名詞です。

今回便宜上、ヌーブラと書きましたが本家本元の『ヌーブラ』は粘着力もホールド力も重さも違うので、一度本物の『ヌーブラ』を試してみてね。

私は安さに惹かれてヌーブラもどきを買いましたが、汗ですぐに剥がれて使いものにならなかったので『ヌーブラ』を買い直しました。

本当に本家本元は剥がれないので、安物買いの銭失いするくらいなら最初からホンモノを購入しましょう。
水着用のヌーブラリンク

ヌーブラジャパン公式オンラインショップ

タグを切る!

タグポロリ、わたしもやりがちです笑。

きれいな人がタグポロリしているのを見ると、ほっこりして結構好きなので笑、マストではないけどベターといったところでしょうか^^

どんな水着の着方だってオッケー!

なんだかんだ言いましたが、最低限のマナーと場所さえ守れればいいんです。水着は自分自身が楽しむものですもの。

派手派手な水着だって着る権利はある!攻めたデザインの水着だって隠すところさえ隠せば着る権利はあります!!

恥ずかしければ、海外のビーチで楽しみましょう。海外は誰も気にしないですよ。

もっと水着を、女性を、楽しめますように♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事