水着初心者のオトナ女子へ!水着マニアが最低限の着用マナーを語る

水着にワクワクする季節がやってきましたね♡

今年は水着買おうかな~どうしようかな~って悩み始める時期かもしれません♪

久しく水着を着用していない人向けに、水着を着る上で基本的なことを書いてみました。

海やプールにきたら寝るだけでなく、がっつりシュノーケルやスライダーで遊ぶので、デザインも大事だけどホールド力も大事!

私なりに気を付けている安心安全な着用方法をお伝えします。

プチプラ水着&海外ブランドの水着の注意点!

プチプラ水着&海外ブランドに限らず、水着全般に言えることであり割とポピュラーな注意点ですが…

原点にして頂点レベルで大事なことだと思うのでお付き合いください。

気を付けるべき注意点は4つです。

これらの注意点さえ押さえれば、完璧!!

周囲にも迷惑をかけずに楽しむことができますよ。

水着を着るときはインナーショーツを絶対!身に着けて!

どんな水着でもインナーショーツは履きましょう。

たまにインナーショーツを履かずに遊んでいる方がいますが…プチプラ&海外ブランドのものは生地が薄いことが多いです。

特に以下の3点に気を付けて!!

  1. 淡い色の水着
  2. 衛生面
  3. スライダーでの摩擦

それぞれ詳しく解説していくよ!

1.淡い色の水着

淡い色の水着を着用する人は、透ける可能性が高くなるので気を付けて!!

特に清楚系の子が好む、白の水着は要注意

インナーショーツを履かずに水に浸かると…桃ちゃんが透けてます。。

生々しくて思わず目をそむけてしまうほどなので、絶対にインナーショーツは履きましょう。

とはいえ、インナーショーツがスケスケで丸見えなのも恥ずかしい!

白の激安水着を着ている女性…インナーショーツが水着状態になっている人…いるよ。

淡い色や白の水着を着たいなら、ちゃんとしたメーカーのものがおすすめ

なぜなら、ちゃんとしたメーカーのものは生地が厚く、透けにくいからです。

淡い色の水着を着るときは、この2点を念頭に置いておきましょう。

  • 透け防止のためにインナーショーツを履く
  • 水着を選ぶときは生地が厚いものを選ぶ

丈夫な水着ブランドはロキシー

ロキシーは個人的におすすめ。

アラサーだと中高生に流行ったイメージがありますが笑、生地もしっかりしているしノンワイヤーでもちゃんとホールドしてくれます。

元々はサーフブランドなので、安心して着ることができますよ。

1セットしか水着が買えないなら、私はロキシー一択です。

ロキシーダサいと思っているそこのアナタ!けっこうお洒落なデザインもあるんですよぉ。

↓気になったら見てみてね(ロキシーの回し者ではないよ笑)

2.衛生面

インナーショーツは、大事な部分を守る役割があります。

水着の当て布だけでは、大事な部分を守り切れないんです。

特に、波が高いときの海!

海中でたくさんの砂が舞っているので、砂がガンガン入ってきます。

あと、海外ブランドを通販で購入すると微妙にサイズが大きいことがあるんですよね。

サイズが大きいと、ずり落ちる&大事な部分の内部まで砂が入る可能性があるので、インナーショーツでガードしましょ!

3.スライダーの摩擦

プールのスライダーで遊んだ時に摩擦で破けることもあるらしいです。

これは都市伝説レベルのハナシではありますが、納得してしまうほど薄い水着もあります。

水着が破けてパッカーン!となることはないでしょうけど、インナーショーツの重要性は伝わったはず。

何が起きても大丈夫なように、絶対にインナーショーツは身に着けてね。

番外編.インナーショーツの選び方

インナーショーツの選び方のポイントは2つです。

  1. ヒップの面積は小さめ
  2. サイドは極細か透明

水着の形は様々なので、ヒップの面積が小さい方がどんな水着にも対応できます。

同様の理由で、サイドは極細か透明のインナーショーツがおすすめ。

しかし、透明ストラップは反射したり痒くなる(私の場合)から、極細か透明かは好みの問題ですね。

インナーショーツの色は、自分の持っている水着に合わせて選べばOK!

特徴はこんな感じです。

ベージュ ブラック
特徴 ・淡い色の水着でも目立たない ・アンダーショーツがはみ出ても下着感なし
・生理になっても目立たない

淡い色の水着以外の人は、黒の方が使いやすいかな~。

ショップはどこでも良いです。一応リンク置いときますね。

海外の水着は絶対に小さめ!

海外の水着のサイズで迷ったら、小さめサイズを選んでね!!!

海外の水着は、日本で売られている水着のサイズとは根本的に違います。

根本的に日本人とは骨格が違うので、基本的に大き目のサイズ展開です。

S/M/Lというサイズ表記の場合は特に注意してくださいね。

海外のブランドのものを買うときは、サイズをきちんと把握してから購入が鉄則です!

出来れば試着してから買うのが安心。

個人輸入などする場合でサイズに迷ったときは、小さいサイズを購入しましょうね。

水着は水に浸かると多少伸びます!!

地獄エピソード

では、真夏の怖い小話をここでひとつ。ハワイ旅行した時の話です。

ビーチには、victoria's secretの水着を着用していた日本人の女の子がいました。

海に入る前から、パンツがブッカブカで心もとなかったのですが…

彼女は、海の中へ。

案の定、脱げそうになるのを必死で抑えていて水遊びどころではなかったのが印象的でした…

ポロリしなくてよかったよ。

たぶん、インナーショーツも履いてなかったと思う。。

海外の水着に限らず、基本的な水着の選び方として「サイズに迷ったら小さめ」をセレクトしてください。

多少、胸やお尻がはみ出ていても堂々としていればセクシーです。

脱げるよりも100万倍マシ。

水着を着るときにヌーブラがあると便利

海外水着に挑戦するなら、ヌーブラはあると便利ですよ。

私は基本的に日本には無いような柄・デザインが好きなので海外ブランドから購入することもあります。

海外ブランドの水着は基本的にパッドは入ってないか、入っていても気持ち程度のものが多いです。

なにもせずに着るとビーチクポロリするので、ニップレスなりパッドなりヌーブラを仕込むべし。

ニップレスは、胸が大きい人向けですね。

実際に候補になるのは、パッドかヌーブラになるかと思います。

それぞれのメリット・デメリットを見て、自分の体に合ったものを用意しましょう。

パッドの特徴~メリット・デメリット~

パッドのメリットは2つ!

  1. 水着からはみ出る心配なし
  2. 自分好みに補正できる

メリットは、扱いがラクで、種類が豊富なので自分の好みに胸の形を補正できることです。

自分のなりたい胸に合わせて、パッドを選ぶと楽しいですよ!

デメリットは2つ!

  1. 水を含むと重い!
  2. 水着のデザインによっては合わないパッドがある

構造上、しょうがないのですが…パッドは水を含むと激重です。

重みで水着がずれるので、どこかのタイミングで絞りたくなります!笑

水着によっては、所持しているパッドが合わないときがあるのはデメリットですね。

ヌーブラの特徴~メリット・デメリット~

ヌーブラのメリットは3つ!

  1. パッドよりも安定して盛れる
  2. 寄せるので脇がスッキリして見える
  3. 水着が身体に合っていなくても隠れているので一応安心

貧乳さんは、ヌーブラの威力を特に感じられるでしょう。

ホールドしてくれるので、水着がパカパカしないのが最大のメリットです。

デメリットはこんな感じ。

  1. 剝がれる不安がある
  2. 水着の面積によっては、合わないことがある
  3. 安物は剥がれやすい

ヌーブラで一番怖いのは、剝がれることです。

しかし、普通に楽しむ程度なら剝がれる心配はないですよ。

でもそれは、品質がしっかりしているヌーブラの話ね。安物は剥がれることがあるので要注意!

パッドとヌーブラどっちを選ぶ?

パッドとヌーブラに迷ったら、自分が着用するシチュエーションによって変えてみてください。

ビーチバレーしたりシュノーケルしたりガンガン動く日はパッド。

水辺で遊んだり浮き輪に乗ったりする程度ならヌーブラかな。

さすがに、水の中にガンガン入ったり、汗かくときには向いていません。

 肌に直接付けるブラは全部ひっくるめて「ヌーブラ」って言いがちですが「ヌーブラ」は固有名詞です。

今回便宜上、ヌーブラと書きましたが本家本元の『ヌーブラ』は、粘着力もホールド力も重さも違います!

あと、ヌーブラは水着だけでなく、背中が出るデザインの服を着るときにも使えるのでコスパは良いはず。

一度本物の『ヌーブラ』を試してみてね。

私は安さに惹かれてヌーブラもどきを買いましたが、汗ですぐに剥がれて使いものにならなかったので『ヌーブラ』を買い直しました。

これぞ、典型的な安物買いの銭失い!!

本当に本家本元は剥がれないので、安物買いの銭失いするくらいなら最初からホンモノを購入しましょう。
水着用のヌーブラリンク

ヌーブラジャパン公式オンラインショップ

水着を着るときはタグを切る!

タグポロリ、わたしもやりがちです笑。

きれいな人がタグポロリしているのを見ると、ほっこりして結構好きなので笑、マストではないけどベターといったところでしょうか^^

しかし、肌が弱い人は、タグでかぶれたりするのであらかじめ切っておくのがおすすめです。

まぁ、タグポロリかわいいですけどね←

どんな水着の着方だってオッケー!

なんだかんだ言いましたが、最低限のマナーと場所さえ守れればいいんです。水着は自分自身が楽しむものですもの。

派手派手な水着だって着る権利はある!攻めたデザインの水着だって隠すところさえ隠せば着る権利はあります!!

恥ずかしければ、海外のビーチで楽しみましょう。海外は誰も気にしないですよ。

もっと水着を、女性を、楽しめますように♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事