鬼滅・約ネバ以外にも!アニメ・マンガ初心者のアラサーがハマった名作
公式サイトより

「自粛するならアニメ・マンガを読もうぜ~!!」

ぼちぼち仕事納めの人も現れてきた今日この頃。

年末年始の帰省も厳しくて気分転換にならない長期休暇が再びやってきます。

緊急事態宣言を出されてからすっかり引きこもり人間になった私は、アニメ・マンガにハマった1年でした。

というわけで、私がハマったアニメ・マンガをランキング形式で紹介します。

「アニメ?マンガ?え~興味なぁ~い」というアラサーに読んで欲しい笑!

そんな人はそもそもこの記事読まないと思いますが、自己満で振り返りまーーす!!

アラサー初心者がハマったアニメ・マンガ13

元々、私は読書好きです。

夫が本を読まない人なので共通で楽しめるコンテンツを…と探したところ、アニメ・マンガにたどり着きました。

アニメはドラえもん以外ほぼ見たことがなくて、マンガはスラムダンクとGANTZの最初の方だけ読んだことがある程度です。

全くアニメや漫画に触れてこなかった人生ですが、齢32にしてアニメ・マンガにハマりました。

今回紹介するマンガ・アニメは以下の13個です。

  1. 進撃の巨人
  2. ダーウィンズゲーム
  3. キングダム
  4. 鬼滅の刃
  5. 約束のネバーランド
  6. 弱虫ペダル
  7. いつかティファニーで朝食を
  8. ミステリと言う勿れ
  9. Dr.STONE
  10. 呪術廻戦
  11. 食戟のソーマ
  12. バナナフィッシュ
  13. ジョーカーゲーム

途中離脱したものも含めれば20個くらいになるのかな?

今回ピックアップしたものは、良くも悪くも印象の強かった作品たちです。

ではでは、さっそく見ていきましょう。

アラサーかなりハマった!アニメ・マンガ上位3選

この1年でアニメ・マンガを見てきて、特にハマった作品を紹介します~♪

上位3位は、この通りです。

  1. 進撃の巨人
  2. ダーウィンズゲーム
  3. キングダム

1位.進撃の巨人

進撃の巨人流行ってた当時は、見向きもしなかったくせに!

2020年にハマってしまいました。

人が簡単に死ぬので好き嫌い分かれる作品ではあるけど、ストーリーがしっかりしているので大人でも満足できますよ。

最初はマンガを読んでいたのですが、アニメの方が分かりやすかったので今はアニメで追いかけています。

シーズン3くらいまでの進撃の巨人のシリーズ構成や脚本は、仮面ライダー電王などの特撮のシナリオライターをしている人です(大雑把)

そのせいか!

戦っているシーンがダイナミックで良い!

曲も良い!

画に奥行があるので、アニメではなく人が演じている映画を観ているよう!

ストーリーも骨太だけど、曲も背景の細かさも画の奥行もキャラの動きのダイナミックさも全て最高

現在、日曜日の深夜にファイナルシーズンが放送されています。

私はファイナルシーズンをリアタイで追いかけているので、現在進行形で進撃の巨人沼にハマっている~!!

あ、ストーリーは…めっちゃ暗い★よ。笑。

ストーリーの暗さをアクションでバランス取っている感じです。

進撃の巨人はアニメの方が分かりやすいので、Amazonプライムに加入しているならアニメがおすすめです。

2位.ダーウィンズゲーム

ダーウィンズゲームは前回のアニメ・マンガネタで紹介しているのでサラッと。

この作品は、アニメから入ったものの続きが気になりすぎて、現在はマンガで追いかけています。

途中、意味不明で離脱しかけましたが、今は持ち直してガンガンバトルしてくれそうなので楽しみ!

前回の記事はこちら↓

3位.キングダム

キングダムにハマって、ゲームの三國無双にもハマって、全く興味のなかった中国史を少しだけ知ることができた1年でした。

正直、キングダムは完結してから読み始めるべきだったかなと後悔しています。

というのも、戦が長すぎて単行本が出るたびに読んでいるとストーリーを忘れてしまうんですよねぇ。

キングダムが最高潮に盛り上がったのは王騎のシーンと言われていますが、私は麃公(びょうこう)将軍のシーンも好きです。

しかし、今1番不満なのは、推しキャラの蒙恬(もうてん)が最高にブサイクな絵面で描かれていることですね。

蒙恬(もうてん)のご尊顔はこちら↓

なんか最近の絵、顔のバランスが崩れててイケメンキャラが軒並残念な顔面になっている気がします…。

あ、もう1人の推しキャラは↓画像の昌平君(しょうへいくん)です♡

いけめん。表情筋ないの?ってくらい無表情な昌平君がすき。

史実に基づいた歴史バトルマンガだと思っていたら、魔法(!?)を使い始めたキャラがいたりと謎方向に進みつつありますが、楽しみにしている作品のひとつです。

キングダムのアニメは私にとってイマイチだったので、マンガを推します。

マンガでアラサーがハマった!作品上位5選

次は、マンガでハマってしまった作品5つです。

  1. 鬼滅の刃
  2. 約束のネバーランド
  3. 弱虫ペダル
  4. いつかティファニーで朝食を
  5. ミステリと言う勿れ

アニメ放映されている作品もありますが、マンガの方がクオリティは高いかなと感じたのでマンガで追い続けています。

あ、鬼滅の刃は別!アニメの方が分かりやすい!

けど、今はマンガで追いかけている最中なので漫画部門で紹介します。

1位.鬼滅の刃

鬼滅の刃は説明しなくても良いレベルですね。

映画の興行収入も歴代1位になって、ビックリです。

鬼滅の刃もアニメから入って、続きが気になって漫画でも追いかけています。

しかし、想像以上にストーリーのテンポが早くてビックリしているところです。

映画にも同様の感想を抱きました。↓無限列車編の感想記事

今は、サクサク進む作品が好まれるんですかね?

まぁでも、あまりにも長すぎるとライフスタイルが変わって、読まなくなりますもんね。

2位.約束のネバーランド

約束のネバーランドも鬼滅の刃と共に今年で完結したマンガです。

これも前回の記事で言及しているので、サラッと。

個人的に1番面白かったのは、孤児院を脱出~鬼の狩り場編まででしたねぇ。

その後のストーリーは、初期に設定されていた子どもたちの能力の高さ(アクション)よりも、なんか道徳的というか内面的な話が主で「あれれ?」となったかな。

そして鬼がみんな同じ顔すぎて識別ができない笑。

前回の記事↓

まぁでも鬼の狩り場編までは、面白いので途中離脱前提で読み始めて欲しい←

3位.弱虫ペダル

ロードバイクブームを巻き起こしたと言われる弱虫ペダルも読んだよ!

もちろんサイドストーリーのスペアペダルも全て!!

なんてったって、このマンガ読んでクロスバイクの購入を本気で検討したくらいだからな!!

というか、クロスバイク注文した!(突然の告白)

そのくらい自転車に乗ってみたいなと思わせてくれるマンガです。

一応、ライバル役も出てくるんだけど、徹底的なワルじゃないのも良い。

どちらかと言えば、登場人物全員イイ奴。

しかし、完結するまでにあと10年くらいかかりそうなので最後まで追いかけられる自信はないです笑。

4位.いつかティファニーで朝食を

ここで女性向けマンガの登場です。

リアルなアラサーマンガと言えばタラレバ娘が有名ですが、私は「いつかティファニーで朝食を」が好き。

「いつかティファニー…」をざっと説明すると、アラサーの悩みを朝食を食べて前向きになるという話です。

紹介されている朝食も美味しそうで、「いつかティファニー」で紹介されたお店へ実際に食べに行ったりしました。

登場人物それぞれの悩みがアラサー特有の悩みで身近に感じる上に、ファッションもオシャレでテンションも上がるマンガです。

女子~!!という気分に味わいたいときに読みたいマンガですね。

このマンガも完結しているので、一気読みに向いていますよ。

5位.ミステリと言う勿れ

こちらは現在進行形の女性マンガです。

女性マンガですが恋愛系ではなく、推理?マンガになります。

まぁ本格ミステリー小説を読んでいる人には物足りなさ過ぎるんですけど、絵がフワフワしていて疲れているときに流し読みするのに丁度いいマンガです。

「骨太小説はきついけど、ちょっと現実逃避したい」という時にピッタリ。

ミステリーだけど癒し要素も入っているマンガです。

このマンガはこれからメインストーリーが進みそうなので、単行本の発売を楽しみにしています。

アニメでアラサーが楽しんでいる!作品2選

ここでは、アニメで楽しんている最中の作品を2つ紹介します~。

  1. Dr.STONE
  2. 呪術廻戦

この2つは「ハマった!」というほどではないけど、楽しめるかな~という感じ。

1位.Dr.STONE(ドクターストーン)

ドクターストーンは、コロナの自粛期間中に小学生にヒットしたアニメのようです。

最初のユズリハと大樹のパートは正直見ててしんどいんですけど、主人公の千空が村を発展させるパートからは大人も楽しめると思う。

というか、最初の話から文系人間なら「ほぉ~」となる内容です。

ただストーリー的に盛り上がるのが、村を発展させるパートからというだけで。

ストーリーのアラを感じることも多いですが、癒しキャラのスイカちゃんが可愛いので「まぁいっか!」となる笑。

ドクターストーンの世界観に慣れると、アラサーでもキャラクターに愛着を持って見れます。

あ、あとちょいちょい有名マンガのオマージュを差し込んでくるので、マンガ好きであればあるほどハマるかも…?(適当)

2位.呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)

人気マンガということで、アニメで鑑賞中です。

夫曰く、「ハンター×ハンターのパクリ~!(怒)」らしいのですが、私としては「対象年齢はハンター世代ではないので別にいいのでは…?」と思っています。

しかし、アニメでの感想は「しっくりこないな~」ということ。

伏線というわけでもなくて、キャラが対戦中に突っ立て(もはや棒立ち)戦況の解説をしていて「????」となりました。

「いや、突っ立たままだとやられるよ?」と身も蓋もないことをオバさんは思ってしまうわけです。

他にも色々「??」と思った箇所はあった気がするけど忘れちゃった。

この作品は勢いで乗り切るマンガなのかな?

まぁでも、主人公の身体の中に最強のワルが宿っているという設定は面白いので、見続けるつもりです。

アニメ・マンガビギナーにはハードルが高かった!作品3選

最後は、ハードルが高かった!と感じた作品の紹介です。

超人気マンガやアニメを選んで観たつもりですが、人間だもの相性というものがあります。

人気作品でも、私との相性が悪かった作品はこちらです。

  1. 食戟のソーマ
  2. バナナフィッシュ
  3. ジョーカーゲーム

1位.食戟のソーマ

食いしん坊ゆえに、料理モノの映画が好きでよく観ているのでマンガにも手を出したら、ヤケドしました笑。

食卓のソーマは、めちゃくちゃ人気マンガと聞いていたのでハマるかな~と思ったのですが、、2巻でギブアップ。

というのも、味見したときの感動シーンが官能シーンになるんですけども、それが受け入れられなかったのです~!!

食卓のソーマの「見どころ」を受け入れられなかったので、勇気ある撤退をしました。

ビギナーにはハードルが高すぎた!!

2位.バナナフィッシュ

バナナフィッシュは、昔に流行った名作らしいですね。

アマプラでリメイクされたアニメを観ました。

ん~。悪くはないけど、どう解釈すればいいのかちょっと分からなかったです。

同性愛?友情?

まぁそんなことを考えてしまうこと自体が野暮なんだろうなということだけは分かりました笑。

ミニシアター系の映画でありそうな「観ている側に判断を委ねる」系のストーリーです。

私は判断を委ねる系の映画は苦手なので、相性が悪かったのでしょう。

3位.ジョーカーゲーム

ジョーカーゲームは、スパイものです。

現在、アマプラでアニメを鑑賞中ですがあと3話だけなので感想をつらつらと。

原作は小説&アマプラの評価がかなり高かったので、期待大で観てみたのですが…

1話にポーカーをより複雑にした心理ゲームをするシーンがあります。

「もしやこれは視聴者側も考えさせる系のアニメか?」と期待が高まるものの、毎回最後の種明かしで後出しじゃんけん的な要素が多くて視聴者の置いてきぼり感が拭えません。。

アメドラのNCISやクリミナルマインド(スパイものではないですが…)のようなスリリングさを期待すると、肩透かしをくらうかも。。

つまり、スリリングも謎解き要素もないスパイアニメです。

まだ最後まで見ていないけど、ジョーカーゲームにハマるポイントを未だにイマイチ把握できてません笑。

そもそも、登場人物全員同じに見えている時点で観る資格はないのかもしれない…笑。

アニメで観るならAmazonプライムですが、原作を読むなら小説になります。

2020年アラサー初心者がハマったアニメ・マンガのまとめ

普段は全く見向きもしない、アニメ・マンガ文化に触れて新しい世界を知れた1年でした。

なんなら、マンガから自転車にも興味を持ってクロスバイクを買ってしまったくらいだし。

たぶん2021年もお気に入りのアニメ・マンガを探すんだろうなぁと思います。

とりあえず、キングダムの絵をイケメン仕様に戻してほしい(真顔)

というわけで、アニメ・マンガビギナーにとって印象的な作品たちの振り返り終了です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事