100万費やした先輩の結論!ケノンをおすすめしない!理想的な脱毛とは

今回は、効率の良い脱毛方法を探してる若者に捧げる記事です。

ムダ毛処理の情報って腐るほど溢れているけど、効率的な脱毛の考え方って意外と分からないんですよね。

いや、答えは分かっていても、目移りしてしまうというのが正解かもしれません。

私は脱毛の宣伝に踊らされてきたので、脱毛にトータル100万近く費やしてます…

もし、私に年頃の姪や娘がいたら、こんな風にアドバイスするだろうなという内容です。

「誰かから脱毛についてのアドバイス欲しかったなぁ」と思うことが多かったので記事にしました。

ケノンをおすすめしない2つの理由

ムダ毛に本気で悩んでいる人に「ケノン」はおすすめしません。

しかし、美容脱毛や医療脱毛に比べたら、圧倒的に安いので人気ですよね。

定価だと約9万8千円ですが、多くのサイトで割引などをしているので、実際は7万円ほどで収まるかと思います。

それでも、おすすめはしません。

その理由は2つです。

  1. 毛深い人には効果が分かりづらい
  2. 美容脱毛の方が効果が出やすい

順に説明しますね。

1.毛深い人には効果が分かりづらい

一番おすすめしない理由が、ケノンだと効果が分かりづらいことです。

なぜなら、家庭用脱毛器は美容脱毛に比べてパワーが弱いから。

実際のところ、効果はゼロではありません。

だから、ここまで売れているのでしょう。

しかし、医療や美容脱毛に比べたら、効果が分かりづらいのは事実です。

特に、急いで結果を出したい人は実感が得にくいと思います。

ケノンを使い続けて、半年以上経ってからやっと「もしや…?」となる程度です。

つまり、劇的な効果を求めている人にはコスパが良くないんですよね。

2.美容脱毛の方が効果が出やすい

実際のところ、美容脱毛の方が圧倒的に効果が出やすいです。

私は、美容脱毛が普及し始めた世代だったのでミュゼに通っていましたが、ケノンと比べると効果は歴然でした。

しかし、当時はミュゼの料金がめちゃくちゃ高かったんですよねぇ。

今や爆安なワキも結構なお値段がしたのよぉ

それで、つい魔がさしてケノンを購入したわけです。

しかし、ケノンだけではムダ毛が生える速度が遅くなっても、一網打尽されることはなかったです。

結局、ケノンだけではどうにもならなかったので、ミュゼとケノンを併用して使っていました。

ケノンは美容脱毛のアシストとして使うべし

ケノンは美容脱毛のアシストとして使うべし

一応、嫁ぎ先にも持ってきた笑!

ケノン単体では、100年経ってもムダ毛は撲滅しません(真顔)

私にとって効果的な使い方は、美容脱毛のアシストとして使う方法でした。

美容脱毛は、一度行くと再度行くまでに期間がありますよね。

定期的に行ければ良いのですが、独身OLは忙しくてつい後回しになることもあるでしょう(実際私がそうだった)

微妙に期間があきそうだなと分かった時は、にょろにょろ生えてきたムダ毛にケノンを照射させていました。

正直、効果があったのかは分かりませんが(えっ)

んー。まあそれも、すでにケノンがある状態でのアドバイスです。

もし、娘にアドバイスするなら、ケノンは買わずに美容か医療脱毛に集中した方が良いと言いますね。

ケノンよりも美容脱毛!しかし完璧ではない

本気でムダ毛の悩みから解放されたいなら、ケノンよりも美容脱毛がおすすめです。

お金はかかりますが、長期間毛が生えない状態を維持できます。

そして、一度ツル肌になると、しばらくムダ毛が生えてくることはありません。

しかし、美容脱毛も完ぺきではないので、注意してね。

美容脱毛で注意すべきこと

注意すべきことは、ムダ毛の復活と課金地獄です。

これは本当に知っていて欲しい(迫真)

特に課金地獄…。

①ムダ毛の復活

美容脱毛に根気よく通っていれば、どんな太い毛でも生える周期が遅くなり、ムダ毛自身が細くなります。

確かに、5年くらい通わなくてもムダ毛が生えてきません(これはガチ)

しかしだな、たまーーーーにヒョロリと一本だけコンニチハ!していることがあるので、注意が必要です。

しかも、ヒョロリ毛に気付くのが、電車のつり革につかまった時などの人目が気になる場所という!笑

この経験、みんな意外とあるようで女子会ではこの話が出て盛り上がります笑。

特に、出産などでホルモンバランスが崩れると、ムダ毛がポツポツと復活することがあるみたい。

とはいえ、ムダ毛全盛期の頃よりは貧弱な毛らしいですが笑、完璧に駆逐はできないことを覚えておきましょう。

②課金地獄

今から怖い話をしますね。

ムダ毛にうんざりしている人は、美容脱毛で部分脱毛を始めると、もれなく全員課金地獄に陥ります。

最初は、「Vゾーンだけ♪」とかなんですよ。

しかし、ムダ毛処理をしなくてもツル肌を経験すると、他の部位もやりたくなってしまうのよね。

これが課金地獄の始まりです。

そして、最初から全身脱毛を選んだ友人を「賢かった…」と羨み始めます笑。

最初から全身脱毛をするか、鋼の意志で脱毛部位を決めておきましょう。

課金地獄はコスパ悪いです。まじで。

結論!ケノン買うお金を貯めて最初から美容か医療脱毛

ムダ毛撲滅を最短距離で目指すなら、医療脱毛一択です。

医療脱毛は高額なので、なかなか手が出ませんよね。。

私も同様の理由で、美容脱毛とケノンに走りました。

ケノンはともかく、美容脱毛は後悔してません。

でも、「できるなら医療脱毛をしたかったなぁ」とは思います。

ケノンやら除毛クリームを買うくらいなら、お金貯めて一気に医療脱毛で全身やった方が圧倒的にコスパ良かったはず。

とはいえ、肌がぴちぴちな状態なのも、みんなで海やキャンプに行けるのも、10代後半から20代半ばまでという限られた時間。

最高に青春を楽しむべき時期に、毎日処理して肌がボロボロになるもの嫌よね。

うん。わかるよ。

好きな人と遊ぶときに、剃り残しやカミソリ負けした肌は、死にたくなるよね。

医療脱毛という選択がベストですが、お金がないなら美容脱毛でヒョロリ毛にして気長に付き合うのも、ひとつの方法だと思います。

効率良くムダ毛を無くす脱毛方法

さんざん脱毛にお金を費やした私が思う、効率良く脱毛する方法は以下の3つです。

  1. 美容脱毛で全身施術
  2. 医療脱毛にオールイン
  3. 医療脱毛と美容脱毛の併用

てか、10年前に戻れるなら私がこれらの方法で脱毛したいわぁ。

1.美容脱毛で全身施術

1番のおすすめは、美容脱毛で全身を契約して、効率良く全身のムダ毛を無くす方法です。

一度に大きな金額を支払うことになりますが、結果的にコスパ良く脱毛できます。

毛の完全撲滅をするなら医療脱毛になりますが、美容脱毛で全身の毛を薄くするだけでも精神的に変わってくるはず。

というのも、美容脱毛でムダ毛が細くなると毛穴が目立たなくなるので、そこまでムダ毛が気にならなくなるの!

一気に全身の美容脱毛をして、数年後にどうしても気になるところだけ医療脱毛するのもあり。

今は、美容脱毛の料金が安くなっていますしね。

本当に今の時代の子たちが羨ましいですヨ…。コココ…。

あ、でも4回コースとかは無駄よ。ドブ金になるので、しっかり回数のあるコースで契約すべし。

2.医療脱毛にオールイン

無駄な寄り道をせずに、医療脱毛に全てを賭ける方法です。

この方法が確実ですが、本当に料金が高い~!!

本気で毛を生やしたくない部分だけにするか、思い切って全身やるかどちらかにしましょうね。

中途半端な意志は課金地獄を招きます

金利のある分割払いは止めましょう。利息もったいないよ!

コツコツお金を貯めて、最大でも2回払いで支払える財力でやるべき。

2.医療脱毛と美容脱毛の併用

剛毛な毛に悩んでいるけど、お金がない人は医療脱毛と美容脱毛を併用しましょう。

この方法が向いている人は、こんなタイプ。

  • 完全撲滅したい部位がある
  • 全身脱毛には興味がない
  • 全身医療脱毛するにはお金がない

併用は、このような考え方が合理的です。

・医療脱毛…絶対に生えて欲しくない部分や、処理しづらい部分。

・美容脱毛…生えてきても自分で処理できる部分。

というように、部位で使い分けるのがおすすめです。

もし、私が施術を受けるなら、ワキと背中は医療脱毛にします。

Vゾーンは悩みますねぇ。お金に余裕があるならVゾーンも医療脱毛にする!

腕や足は美容脱毛かなぁ。

理由は、処理しやすい部位だから、万が一ムダ毛が生えても処理のハードルが低いかなと思って。

ただ、中途半端に美容と医療の脱毛を契約することになるので、全身脱毛契約するよりは割高になります。

契約前に、「どのくら毛を減らしたいのか」「どの部分を脱毛すべきなのか」を熟考してね。

意図しないプランを勧められたときは、その場で判断せずに持ち帰って判断すること!

医療脱毛は口コミが一番

医療脱毛を選ぶ方法は、リアルな友人の口コミといくつか病院をまわって話を聞くのが一番です!

地元で評判の良い美容クリニックだと、安心かつ割安で受けられることが多いよ。

ネットの口コミは、参考程度に留めておいた方が良いかと。

あと、複数の病院をまわって相場感を掴むのも大事です。

とはいえ、判断に悩むなら大手の病院にするのもアリ。

せっかく大金をつぎ込んで施術するのだから、コスパ良く品質の良い病院で脱毛しましょうね。

ケノンを使わずに効率的な脱毛の考え方

ムダ毛処理の呪縛から逃れたいなら、ケノンの購入費を美容脱毛もしくは医療脱毛に使った方がコスパが良いです。

効率的な脱毛の考え方は、このようになります。

  1. 最初から全身脱毛したほうが効率的
  2. お金がないなら美容脱毛
  3. 完全撲滅を目指すなら医療脱毛
  4. 鋼の意志があるなら、美容脱毛と医療脱毛の併用もあり

ムダ毛処理について、あらゆる方法が蔓延していますが、自分に合った方法を早く見つけることが大事です。

ケノンの購入を悩むということは、ムダ毛に本気で悩んでいるものの、お金もないのでしょう。

そんな人ほど、コスパの良い方法で脱毛すべきです。

一ヵ月、死ぬほど節約して脱毛費をひねり出すべし。

三十路オーバーのお姉さんから、若いアナタへのアドバイスでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事