【映画】アリースター誕生 ブラッドリークーパーが歌ってる!?
映画『アリー/ スター誕生』

前評判はかなり高い!!

この冬一番!?な勢いで注目されている、この映画。私も早速観てきました。
かなり公開された国々では評判がよかったらしく、興行面はさることながら批評家にも評判!との触れ込みで日本にも上陸してきましたね。
ゴールデングローブ賞5部門ノミネート、グラミー賞4部門ノミネートされている時点で、ミーハーな私は期待が高まります。

ブラッドリークーパーとレディガガという組合せ

監督は主演でもある、ブラッドリークーパー。俳優さんが監督かぁ。
しかも超BIGアーティストのレディガガがヒロイン!?
なんて斜に構えてしまうのは私だけかしら。
でも奇抜な衣装のイメージが強かったガガ様。上手くイメージチェンジ出来てこの映画で最後の一押しになった感じ。
元々はビヨンセがヒロイン役だったみたいだけど、ビヨンセはきっとどんな境遇の役でもゴージャスグラマラスなビヨンセなままな気がするので、ガガ様になって良かったような、ビヨンセも見てみたかったような。

映画は4度目のリメイク

ストーリーはTHE王道。
ストーリーを期待して観に行ってしまうと肩透かしをくらうかも。

始まってすぐに今後の展開が読めるなかで、どう観ている人を楽しませるか。
なかなか難しい課題を、俳優陣の演技力でカバーしているのは凄みがありました。

特に、ブラッドリークーパー扮するジャクソンメイがレディガガ扮するアリーに愛の歌を歌って…アリーがその歌を世間にジャクソンメイへの気持ちを乗せながら歌うシーンでは涙が。

時期が悪い!?ボヘミアンラプソディーと被る

個人的に、本作はストーリーよりもステージシーンや俳優陣の演技を楽しむための映画だと解釈して鑑賞しました。
この前に上映されていたボヘミアンラプソディーも観たんですけれども、アーティストを取り扱っている時点で被るのはしょうがないとして、同じステージシーンだとボヘミアンラプソディーの方が鬼気迫るものはあったかな。
まぁ比べるものでもないんですけどね。
もっと時期が違っていたら全く違った感想になっていたような気がします。

上手く現代に昇華させている監督

昔からある映画ですが、苦悩やちょっとしたものを現代に昇華させているのはさすが!
買い物をしていたら、店員さんにイキナリ写メで撮影されるとかはイマドキですよね。

監督が俳優かぁなんて、ひねくれたテンションで見ていましたが、カメラワークも凝っていて全く気にならなかったです。むしろ凝りすぎていてミニシアター系の映画を観ているよう!

ブラッドリークーパーとレディガガの底力を見せつける映画

やっぱり世界のレディガガ

アリーがジャクソンメイに鼻歌を披露するシーンがあるのですが、もう鼻歌だけで鳥肌。
鼻歌なのにうますぎて震えます。もちろん大声で歌うシーンは魂が震える。
「これガガ様だよ。」って言われなきゃ分からないくらい、くすぶっている時期のアリーはオーラがなくて(!)ナチュラルに観ていたのに歌いだすと、あのレディガガ!の歌声!!!!
ちょっと感動。
CMなんかで取り上げられているのは劇中盤のところで「シャロウ」を歌うシーンですが、個人的に推したいのは最後!最後が圧巻。
大音量でガガ様の歌声を聞けるだけでこの映画の価値はあるのかもしれない。

ブラッドリークーパーも負けていない

とはいえ、ブラッドリークーパーもこの映画のために歌のレッスンを週5で受けていたらしく、本当にいい声で歌うんです。
彼はメタリカのファンみたいですね。ちょっと納得。カントリー歌手の設定だけど、ちょっとグランジ入ってて渋くてカッコいいです。
それがちょうどアル中に依存していく役と上手く溶け合ってて、やっぱりブラッドリークーパーは正義だわ♡となりました笑。

ちなみに相当業界の裏側や音楽を研究したみたいですよ。アリーがスターへの階段を上っていく過程の裏側が妙にリアリティがあったのは、そういうことなのか!と腑に落ちました。

良い映画だけにPG12がもったいない

ガチンコで演技しているため、愛情表現も情熱的で生々しい。
それがリアリティと迫力をもたらすんだろうけど、子供には見せるのをためらうのが惜しい。。ガガ様一瞬だけど全部おっぴろげになったりと、刺激は強め。

期待値が大きいだけに好みは別れるかも?

観終わった後は、斜に構えててごめんなさいと素直になってしまう映画です。
そのくらい、この二人の存在感が凄かったです。
ただ、期待値が大きい中でのストーリーは1973年から大きく変わらないので、万人受けではないような気もします。にしても1800円出すにはストーリーが薄かった。。人にはお勧めしづらいかな。

ま、でも大音量でレディガガとブラッドリークーパーの歌声を聞くことが出来るのは幸せ。

というわけで、★2.4!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事